【教室受講】飛鳥への招待② 不比等の墓・推考―もはや古墳では…
  • 教室開催

  • 多武峰の淡海公(不比等)十三重石塔
  • 今尾 文昭(関西大学講師)
講師詳細

藤原鎌足の子、不比等は養老4年(720)に亡くなる。『公卿補任』には遺言に従い「佐保山椎山岡」に火葬されたとある。佐保山は平城京北東の丘陵、聖武天皇や光明皇后の陵地も営まれたが、不比等墓はその先駆けとなった。しかし、具体的な比定地は不詳であり規模や形状も不明のまま、もはや古墳ではないのか。飛鳥から奈良時代にかかる律令貴族の範ともいうべき人物の墓について推考する。(講師記)


※ テーマは変更になる場合もございます。どうぞご了承ください。

  

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

本講座は教室でもZoomウェビナーを使用したオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。
こちらは教室受講専用ページです。
※オンライン受講ご希望の方はこちら⇒https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/ced7dc62-81f4-7fb3-5aea-60e2c04a3a35

日程
2021/11/11
曜日・時間
木曜 13:15~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,040円 
設備費(税込)
165円
持ち物など
講義の途中、10~15分程度の休憩があります。

講師詳細

今尾 文昭(イマオ フミアキ)
1955年生。同志社大学文学部卒業。78年奈良県立橿原考古学研究所入所。同研究所附属博物館学芸課長、同研究所調査課長を歴任。2016年定年退職。現在、関西大学非常勤講師。博士(文学)。日本考古学。著書に『古墳文化の成立と社会』 『律令期陵墓の成立と都城』『ヤマト政権の一大勢力 佐紀古墳群』など。