• 見学可

刺しゅうで旅する イギリスの伝統刺繍ブラックワーク
  • 教室開催

  • 作品例
  • 作品例
  • 作品例
  • 斉木 三知子(イルゼ手芸教室講師)
講師詳細

 イギリスの伝統刺繍ブラックワークは、スペインのアーム人の手芸を取り入れて始まった手法です。キャサリン・オブ・アラゴンがイングランド王・ヘンリー8世に嫁いだ際にイギリスに伝わった、8世紀初頭に渡り16世紀に盛んになりました。
 ブラックワークで衿やカフスジャケット、袖等を飾った衣装を着た遺族の絵が数多く見られます。黒糸一色で様々な太さで刺して陰影を作り美しい模様を描きます。
 ホルベインスケッチを使って裏、表同じ模様になる刺し方もあります。
 常設「ヨーロッパ刺しゅう」と合同クラスです。

サイズ:縦32㎝×横32㎝程度

この講座は終了しました
日程
2022/6/8, 6/22
曜日・時間
水曜 10:30~12:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 8,800円
教材費(税込)
教材費 2,200円
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具、先の尖った糸切りはさみ、刺しゅう枠(12㎝位)※お手持ちのもので可。

講師詳細

斉木 三知子(サイキ ミチコ)
イルゼ手芸教室講師。
イルゼ手芸教室は、戦後、欧風刺繍の草分けとしてたくさんの著書や作品を残した、故イルゼ・ブラッシ氏の門下生で運営している手芸サークルです。