• 見学可

俳句実践

  • 鈴木 章和(「翡翠」主宰)
講師詳細

 句会は自作を持ち寄り、作者名を隠して、互いに良い作品を選びあった上で、指導者の講評を聞いたり、参加者を交えて合評しあう場です。現在ではこれがいちばん多く行なわれている句会の方法ですが、この形式は芭蕉が最も力を入れた「座の文芸」である連句へ繫がっているものです。四季折々の俳句を作ることで講座仲間(連(れん)衆(じゅう))とともにそのこころを知り、句会の本当の楽しみに触れようではありませんか。(講師記)

※俳句演習クラスは経験者対象です。特に秀句を鑑賞、心得を指導し、毎回添削を交えた句会をします。毎回当季雑詠句(句会当日頃の季節を自由に詠った作品)3句をお持ちください。ほかに、席題1句(教室にて説明します)があります。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/7/14, 7/28, 8/25, 9/8, 9/22
曜日・時間
第2・4 日曜 13:30~15:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 15,120円 
持ち物など
毎回俳句3句(当季雑詠・自由題)をご用意ください。「歳時記」または「季寄せ」(平井照敏NHK出版)、および句会の句を記録するための大学ノートを1冊ご用意ください。
その他
★8/11は休講。
当日、教室案内でご確認をお願いします。

講師詳細

鈴木 章和(スズキ ショウワ)
1955年静岡県生まれ。1988年、平井照敏に師事し、「槙」に参加。「翡翠(かわせみ)」主宰、NHKラジオ「文芸選評・俳句」選者、俳人協会会員。