森の香りのリース パリ色の花装飾
  • 教室開催

  • 大高 令子(ランコントレ主宰)
講師詳細

森の香りのリース 
~パリ色の花装飾・森の香りのなかで始めるノエルの支度~

11月も終わりを迎えると、パリの街は光り輝くイルミネーションに包まれて一年中で最も華やぎ見せるAvent(待降節)に入ります。それは、家庭でもノエルの支度を始めるタイミング。
モミやヒバなど常緑の森の香りに包まれながらCouronne de Noël(クリスマスリース)を作ります。モミやヒバで丹念に作るベースに、仕上げの色はMarron(茶色)でシックに、またはRouge(赤)で印象的に、異なる2色から選んでください。パリのノエル事情とともに生命力にあふれたフレッシュな植物を楽しみます。

■作品データ:size Φ35cmほど
生の針葉樹で制作し、ノエルまで乾燥させながら飾るリース。
お申込時に「Marron(茶色)」か「Rouge(赤)」をお選びください。

※完成したアレンジを持ち帰る袋はこちらでご用意します。
※仕入れの都合により花材の種類、色などは写真と違う場合がございます。

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2022/11/20
曜日・時間
日曜 10:30~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
教材費(税込)
花材費 6,600円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<各自準備>
筆記用具、花ばさみ
その他
◎お申込時に「Marron(茶色)」か「Rouge(赤)」を選んでいただきます。
◎申込み・取消(キャンセル)について
11月12日(土)17時までにご連絡をお願いします。期日以降にご連絡いただいた場合、花材費はご返金いたしませんので、ご了承ください。(その他、取消手数料等は受講規約に準じます)

講師詳細

大高 令子(オオタカ レイコ)
東京都出身のフルリスト。渡仏で培ったパリ仕込みの花装飾をベーにアトリエ ランコントレを主宰。
アトリエは今年で創業30年。昨年、慣れ親しんだ自由が丘の商業エリアから静かな田園調布にアトリエを移転し、制作に専念すると同時に日本全国へ花のある暮らしを届け続けている。
著書「パリ色のブーケ」「26語の花飾り」草土出版監修「きほんのフラワーアレンジ」学研パブリッシング他、花の専門誌やファッション誌において作品発表多数。NHKローカルTV「わくわくハンドメイド」出演。 
Instagram ID: atelier_rencontrer
HP: https://rencontrer.jp