• トライアル可

フランス文学の名作を読む

  • 田口 宏明(明治学院大学講師)
講師詳細

初級文法を終えた方に、フランス文学を厳選して原書で読み進めていくクラスです。初めて文学作品に触れる方にもお薦めします。19世紀フランス文学を代表するモーパッサン、バルザックなど、珠玉の短編を中心にゆっくりと文章を味わいながら読んでみましょう。
今回は、エミール・ゾラ Émile Zola (1840-1902)の短編「水車小屋攻撃」  L’attaque du moulin (1877) を読みます。ゾラは『居酒屋』、『ナナ』、『ジェルミナール』などその長編小説によってよく知られている19世紀の大作家ですが、印象深い短編も手がけています。普仏戦争下の村を舞台にした「水車小屋攻撃」は、戦争の悲惨さを訴える心に残る短編作品です。
授業では必要に応じて、初級から中級の文法解説を適宜行いながら進めます。また作家や作品の背景についても、解説を行いながら進めます。
※2019年7月から「水車小屋攻撃」を読み始めます。


★この講座をはじめてご受講される方へ★
お申し込みの前に、電話(045-453-1122)またはメールでお問合せください。
講座の進め方やテキストの進捗状況、学習レベルの状況などについてお知らせいたします。
メールでのお問い合わせはこちらから。
http://www.asahiculture.jp/yokohama/form_gaikokugo

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/1/9, 1/23, 2/13, 2/27, 3/12, 3/26
曜日・時間
第2・4 木曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 20,460円 
持ち物など
<テキスト>
 エミール・ゾラ 「水車小屋攻撃」
 プリント製本(コピー代実費)を使用します。
 新規の方は、教材カウンターでお買いお求め下さい。

講師詳細

田口 宏明(タグチ ヒロアキ)
明治学院大学、東洋大学、高崎経済大学など非常勤講師。
専門は19世紀フランス文学。趣味は、クラシックとジャズの鑑賞。