宮沢賢治の世界 「銀河鉄道の夜」 教室受講
  • 教室・オンライン同時開催

  • 小森 陽一(東京大学名誉教授)
講師詳細

『銀河鉄道の夜』は、宮沢賢治の生前未発表の、四段階で大きな改稿がなされた童話です。絵本やアニメーション映画にもなり、多くの方たちによく知られた作品になっています。貧しい少年ジョバンニが星祭りの日に、仲間はずれにされ、一人天気輪の丘に横たわっているときに経験した、親友カンパネルラとの銀河鉄道での旅の物語が中心となっています。1924年に成立し何度も書き直されたこの物語の、21世紀における可能性をさぐります。(講師・記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

●こちらは教室でのご受講専用です。講師の小森先生は教室で講義を行います。
●オンラインセミナーアプリ「Google Meet」を使ったオンライン受講もできます。オンライン受講をご希望の方はこちら→
https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/d7cc6021-211e-6a22-301e-609df95ebbde

日程
2021/7/17, 8/21, 9/18, 10/16, 11/20, 12/18
曜日・時間
第3 土曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
<テキスト>
『宮沢賢治全集 〈7〉銀河鉄道の夜・風の又三郎・セロ弾きのゴーシュほか』 (ちくま文庫) 税込1,100円
※各自ご用意ください。
その他
※講師都合により日程が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

講師詳細

小森 陽一(コモリ ヨウイチ)
1953年生まれ。北海道大学大学院文学研究科修了。成城大学文学部助教授、東京大学助教授・教授を経て現職。著書に『構造としての語り』(新曜社)、『読むための理論 文学・思想・批評』(世織書房)『知の技法』(共著・東京大学出版会)、『ことばの力・平和の力 近代日本文学と日本国憲法』(かもがわ出版)、『難民(思考のフロンティア)』(共著・岩波書店)。『戦後日本は戦争をしてきた』(共著・角川書店)、『理不尽社会に言葉の力を』『戦争への想像力』『生きさせる思想-記憶の解析・生存の肯定』(新日本出版社)、『天皇の玉音放送』(朝日新聞出版)、『漱石論 21世紀を生き延びるために』(岩波書店) 、『東アジア歴史認識論争のメタヒストリー』(共著・青弓社)、『壊れゆく世界と時代の課題』(共著・岩波書店)などがある。