やさしい俳句入門 「型」から学ぶ俳句
  • 教室開催

  • 高柳 克弘(「鷹」編集長)
講師詳細

俳句には「型」があります。まずはこの「型」を身につけることで、安定した俳句を作ることができます。自分の文体を模索するのも、この「型」を踏まえた上でのことでしょう。本講座では、句会を中心に進めていきます。ていねいに句会の流れを踏襲し、持ち寄りの三句について講評していく予定です。そのなかで俳句の「型」の種類や、「型」に従って句を作る場合の注意事項についても、お伝えしたいと思っています。(講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申し込み
日程
2021/11/11, 12/9, 1/13, 2/10, 3/10, 3/31
曜日・時間
第2週 木曜 10:30~12:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 18,480円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
★筆記用具、お持ちの方は歳時記もお持ちください。
★当日、当季雑詠句3句をお持ちください。講座がはじまる前に、教室後ろの所定の提出箱に投句してください。専用紙を提出箱の横に置いてあります。
その他
★ご新規の方は、初回は自由題で3句(お手持ちの用紙に)お持ちください。
  講座の進め方については、お教室にて講師よりご案内いたします。
★講師の都合により日程を変更することがございます。あらかじめご了承下さい。

講師詳細

高柳 克弘(タカヤナギ カツヒロ)
1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学教育学研究科博士前期課程修了。2002年、俳句結社「鷹」に入会、藤田湘子に師事。2004年、第19回俳句研究賞受賞。2008年、『凛然たる青春』(富士見書房)により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第1句集『未踏』(ふらんす堂)により第1回田中裕明賞受賞。2016年、第2句集『寒林』(同)刊行。他の著作に『芭蕉の一句』(同)など。「鷹」編集長。読売新聞夕刊「KODOMO俳句」選者。浜松市やらまいか大使。 神奈川大学、玉川大学講師。「俳句」に「龍太の謎、幻の山河」、「NHK俳句」に「判定ドリル 名句名勝負」、「ふらんす堂通信」に「現代俳句ノート」を連載中。