ローマ教皇とバチカン  二千年の歴史をたどる

  • 教皇フランシスコ(サン・ピエトロ広場)
  • サン・ピエトロ大聖堂クーポラ(バチカン市国)
  • 藤崎 衛(上智大学准教授)
講師詳細

2019年、教皇フランシスコが来日し、長崎・広島での平和のアピールが注目されました。このように、現代の国際情勢を理解するうえでローマ教皇とバチカンを無視することはできません。カトリックの長として二千年の長さを誇るローマ教皇の歴史のなかに、また文化と芸術の宝庫でもあるバチカンの歴史のなかに、ヨーロッパ、キリスト教、そして現代の世界を読み解く鍵を求めていきます。(講師・記)

1)古代―ローマ帝国とローマ教会
2)中世―ヨーロッパ社会の成長とカトリック体制
3)近世―近世ヨーロッパ秩序と教皇
4)近代―近代化とイタリア統一運動の波
5)現代―20世紀以降の世界とバチカン

■各回のテーマは、状況により変更することがあります。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

■2020年4月開講予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から7月期スタートとなりました。
4/14、5/12、6/9、7/14、9/29⇒7/14、9/29、10/13、11/10、 12/8
*今後も変更する可能性がありますので、ご注意ください。

日程
2020/7/14, 9/29, 10/13, 11/10, 12/8
曜日・時間
第2 火曜 10:30~12:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
設備費(税込)
825円
その他
★8月は休講です。

講師詳細

藤崎 衛(フジサキ マモル)
1975年生まれ。ローザンヌ大学、ローマ大学などに留学し、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。東京大学助教・茨城大学准教授を経て、現在、上智大学文学部准教授。専門は西洋中世の文化史・宗教史。著書に『中世教皇庁の成立と展開』(八坂書房、地中海学会ヘレンド賞)、『ヴァチカン物語』(塩野七生などとの共著、新潮社)、『名著で読む世界史』(共著、山川出版社)。訳書にバラクロウ『中世教皇史』(八坂書房)、M・ケルナー他『女教皇ヨハンナ』(三元社)。