【1/13チケット付/プレレク・オンライン受講】「ジョン王」… プレレクチャー&公演鑑賞&アフタートーク
  • 教室・オンライン同時開催

  • 廣田高志さん
  • 玉置玲央さん
  • 松岡 和子(翻訳家)
  • 廣田 高志(俳優)
  • 玉置 玲央(俳優)
全ての講師
講師詳細

1998年のスタート以来、芸術監督・蜷川幸雄さんのもとでシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指し、国内外に次々と話題作を発表してきた彩の国シェイクスピア・シリーズ。第36弾「ジョン王」は2020年6月、緊急事態宣言の影響を受け中止となりました。その後、2021年5月に第37弾「終わりよければすべてよし」上演され、シリーズ完結を迎えましたが、「ジョン王」を上演せずにはシリーズは終われないというシリーズ2代目芸術監督・吉田鋼太郎さんの強い想いから、この冬の上演が決定しました。
この講座では、1月7日(土)のプレレクチャーで、シェイクスピア全37作品すべてを翻訳し、本作品の翻訳を手掛けた松岡和子さんが、作品の見どころや魅力を解説します。その後、1月13日(金)に、Bunkamuraシアターコクーンで各自公演を鑑賞、その直後にアフタートークを楽しみます。ゲストにはシリーズに欠かせないベテラン俳優・廣田高志さんと、初参加の玉置玲央さんを迎え、役作りや作品の魅力のほか、稽古場でのエピソードなどをお話しいただきます。
いよいよ、これで本当にシリーズが完結します。作品をより深く味わい、心ゆくまでシェイクスピアの世界に浸ってみませんか。ぜひご参加ください。  (協力:ホリプロ、Bunkamura、彩の国さいたま芸術劇場)

★この講座は、1/7のプレレクチャーと1/13の公演チケット、アフタートークがセットになっています。
プレレクチャーは、教室でもオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使った教室/オンラインどちらでも受講可能なハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。オンラインでの受講も可能です。
★チケット付きのため、お申し込み後のキャンセル、変更はできませんのでご了承ください。
★アフタートークのみの受講はできません。

★★上演作品をより楽しみたい方のために、【プレレクチャーのみ】のご受講が可能です。

◆◆◆このページは、【チケット付きでプレレクチャーを教室で受講される方】専用ページです。

◆チケット付きで、プレレクチャーを教室で受講
https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/7a4e6e1a-8351-4f69-fdd4-63033a968c60

◆プレレクチャーのみ受講
https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/45506d10-a833-3feb-ab31-63033bf13fb5

≪≪スケジュール≫≫
1日目・・・1月7日(土)15:30~17:00 プレレクチャー(翻訳家・松岡和子さん) 
      会場:朝日カルチャーセンター横浜教室
2日目・・・1月13日(金)
      ①13:30~公演各自鑑賞(チケット付き) 会場:Bunkamuraシアターコクーン 
      ②終演後1時間程度 アフタートーク    会場:Bunkamura施設内
      (聞き手:松岡さん)ゲスト:廣田高志さん、玉置玲央さん
       
上演作品をより楽しみたい方のために、【プレレクチャーのみ】のご受講が可能です。

<<(2022年10月25日)彩の国シェイクスピア・シリーズ『ジョン王』出演者変更のお知らせ>>
詳細はこちら→https://horipro-stage.jp/stage/kingjohn2022/#information


<ご案内事項>
・1/7のプレレクチャーは教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使った教室/オンラインどちらでも受講可能なハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・プレレクチャーはメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合はyk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・チケット付きのため、お申し込み後のキャンセル、変更はできません。あらかじめご了承ください。

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

●1/7のプレレクチャー、1/13の公演チケットとアフタートークがセットになっています。
●このページは、【チケット付きでプレレクチャーをオンラインで受講される方】専用ページです。
●チケット付きのため、申し込み後のキャンセル変更はできません。
●プレレクチャーのみ(チケット、アフタートークなし)の受講もできます。

●1/7のプレレクチャーはZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室での講義を予定。)
●開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
●ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/1/7, 1/13
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 17,200円 一般 18,300円
設備費(税込)
165円
その他
オンライン受講の方のチケットは、簡易書留で送付(送料は受講料に含みます)。
公演当日は、各自公演をご鑑賞ください。
アフタートークについては、あらためてご案内いたします。

講師詳細

松岡 和子(マツオカ カズコ)
翻訳家・演劇評論家・東京医科歯科大学名誉教授。1942年旧満州新京(長春)生まれ。東京女子大学英米文学科卒業。東京大学大学院修士課程修了。専攻は17世紀イギリス演劇。発足当初の現代演劇協会(付属劇団雲)文芸部研究生、『罪と罰』(演出・福田恆存)『黄金の国』(演出・芥川比呂志)の公演には演出助手として参加。1982年東京医科歯科大学(教養部)助教授、1986年から1997年3月まで教授。
主な著書は『ドラマ仕掛けの空間』(創樹社)、『すべての季節のシェイクスピア』(筑摩書房)、河合隼雄氏との対談集『快読シェイクスピア』(ちくま文庫)、『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫)、『深読みシェイクスピア』(新潮文庫)など。訳書は『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『クラウド9』など多数。
平成5年より、シェイクスピアの全戯曲の翻訳に取り組み、最後の作品『終わりよければすべてよし』を訳了。坪内逍遥、小田島雄志に次ぎ3人目、女性でははじめての偉業を成し遂げた。2021年度は朝日賞、毎日文化出版賞、菊池寛賞ほかを受賞。そのほか1995年第2回湯浅芳子賞受賞(海外戯曲翻訳部門)。日本シェイクスピア協会会員、国際演劇評論家協会会員。第21期、22期 国語審議会委員。2008年度まで文化庁文化審議会委員。
廣田 高志(ヒロタ タカシ)
愛知県出身。文学座所属。劇団内外の舞台で活躍する。蜷川幸雄演出『ロミオとジュリエット』『ジュリアス・シーザー』『ハムレット』、吉田鋼太郎演出『ヘンリー五世』『ヘンリー八世』などのほか、『十二夜〜お好きなように〜』『お気に召すまま』『王女メディア』『夏の夜の夢』『フォルケフィエンデ─人民の敵─』『屋根の上のヴァイオリン弾き』『オセロー』『クイーン・エリザベス』『どん底』など。
玉置 玲央(タマオキ レオ)
劇団「柿喰う客」所属。22年1月劇団本公演『空鉄砲』では劇団公演としての新たな方向を示す作品となった。そのほか舞台『MUDLARKS』(演出:川名幸宏)・『パンドラの鐘』(演出:杉原邦生)・『Birdland』(演出:松居大悟)・『ゲルニカ』(演出:栗山民也)・『秘密の花園』(演出:福原充則)・『Take Me Out 2018』(演出:藤田俊太郎)・『K.テンペスト 2017』(演出:串田和美)など多数出演。
近年は映像作品での出演も多くドラマ『ちょこっと京都に住んでみた』(テレビ大阪)、連続テレビ小説『おかえりモネ』、土曜ドラマ『ひきこもり先生』(NHK)、映画『夜を走る』などがある。初出演映画『教誨師』(監督:佐向大)では第73回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。