• 見学可

縮緬古裂(ちりめんこぎれ)のつるし飾り
  • 教室開催

  • 矢島 佳津美(和工房鎌倉かぐら主宰)
講師詳細

人気の伝統手芸ちりめん細工のつるし飾り。貴重なアンティークの縮緬・錦紗(きんしゃ)を使って美しい色合いの愛らしい作品を作ります。
細工物に適した明治・大正・昭和初期の布は非常に高価でかつ入手が困難ですが、当教室ではふっくらと柔らかい手触りの制作キットをお求め易いお値段で提供しております。
針を持つのが苦手な方や初心者の方でも縫いやすく、素晴らしい出来栄えを楽しんでいただけます。なるべく宿題にならぬよう毎回1~2点を仕上げます。(講師記) 

※ご見学いただけます。(無料・20分間)
※毎回一つの作品を完成させる作るので、途中からもご受講いただけます。

お申し込み
日程
2021/10/23, 11/27, 12/25
曜日・時間
第4 土曜 10:00~12:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円
持ち物など
【各自準備】
裁縫用具 手縫い用絹糸(赤・白・黒) チャコペンシル 紙用のはさみ 鉛筆 定規 ピンセット ボンド
教材セット(1回分2,000円)は、教室の中でお求めください。

講師詳細

矢島 佳津美(ヤジマ カヅミ)
和工房かぐら主宰、鎌倉かぐら」店主。 明治生まれの祖母よりちりめん細工の手ほどきを受け、30代からちりめん古布の収集と作品作りを始める。1995年雑誌に作品が紹介されたことで古布を使ったちりめん細工教室を始める。その後、伊豆稲取のつるし飾りに出会い、第1回雛のつるし祭りコンテストで独創的な作品が「クリエイティブ賞」受賞。第7回同コンテストでグランプリを受賞。現在つるし飾りとちりめん細工教室を朝日カルチャー新宿、横浜、よみうりカルチャー自由が丘教室など10ヶ所以上で開催。著書に「ちりめんで作るはじめてのつるし飾り」「ちりめん細工で作る干支と季節の飾りもの」(ブティック社)、「四季を愉しむちりめん細工とつるし飾り」(ナツメ社)、「花のちりめん細工とつるし飾り」(日本文芸社)などがある。