絵本を読む・つくる・考える

  • 小野 明(絵本編集者)
講師詳細

 今まで読んだなかで、忘れられない絵本はありますか?
 幼い頃に読んだものから新進作家の作品まで、絵とことばで紡がれる世界はとても多彩で尽きることがありません。私たちの心を大きく揺さぶり、想像の世界へといざないます。
 この講座では、ながく絵本・児童書づくりに携わり、ワークショップ経験も豊富な講師とともに、さまざまな切り口から絵本の魅力にせまります。創り手や読み手といった垣根をこえて、絵本づくりとは?魅力的な絵本とは?など、絵本について考えるひとときになればと思います。絵本が好きな方、じっさいに描いている方、これから創作に取り組んでみたいと思っている方、どなたでも大歓迎です。

<講座の進め方>
・基本は講師による講義です。新しい絵本の紹介や時々の話題を交えつつ、半年ごとにテーマを設定して進めます。合評を行うこともあります。
・ご希望の場合は作品提出も可能です。講師にお申し出ください。

<過去の講義テーマ例>
☆長新太の絵本 
☆五味太郎の絵本 
☆荒井良二の絵本 
☆ことばとヴィジュアルの関係 
☆海外絵本の歴史 
☆日本の絵本の歴史 
☆無人島に持っていく6冊の絵本 
☆絵本の中のコップ 
☆絵本の中の窓 
☆<クリップ>をテーマに絵本をつくろう 
☆絵本の古典を改めて読み直す 
☆酒井駒子の絵本      
 ...etc

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

■10/12休講⇒11/23補講です。ご注意ください。

日程
2019/11/9, 11/23, 12/14, 1/11, 2/8, 3/14
曜日・時間
第2 土曜 18:30~20:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 

講師詳細

小野 明(オノ アキラ)
1954年東京生まれ。企画・編集・デザインで500冊以上の絵本・児童書づくりに参加。絵本ワークショップ「あとさき塾」を土井章史氏と主宰。著書に『絵本の冒険 「絵」と「ことば」で楽しむ』(フィルムアート社)、「絵本作家になるには」(ぺりかん社)、編著に「100人が感動した100冊の絵本」「絵本の作家たちⅠ・Ⅱ」(平凡社)、五味太郎氏との共著に「絵本をよんでみる」、「絵本をよみつづけてみる」(ともに平凡社ライブラリー)、「五味太郎のデザインワーク」(クレヨンハウス)がある。