体験・ピカソとマチス  7月

  • モチーフ例
  • 金森 宰司(新制作協会会員)
講師詳細

写実や描写だけではない、自分だけの個性で絵を描いてみませんか。
画面構成や隣り合う色彩の関係、モチーフの位置などをじっくり見つめ考えると、平面構成の画面の中に奥行きと空間がたち現れます。
アクリル絵の具を使い、いままでとは違ったアプローチで絵画制作を楽しんでみませんか。

はじめは色紙(いろがみ)のコラージュによるエスキースづくりや2色のアクリル絵の具を使用したキュビズムの習作を通して、表現力を身につけていきます。

毎回、パソコンとプロジェクターを使ってレクチャーも行い、巨匠の理論を体感して、作品の魅力アップにつなげてみましょう。


【1日体験の内容】
静物をモチーフにスケッチブックか画用紙にデッサンしトーナルカラー(いろがみ)を貼り合わせることで、色彩による奥行や空間の表現を体験します。



申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2020/8/2
曜日・時間
日曜 10:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,180円 一般 4,180円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<持ち物>スケッチブック(F4~6)または画用紙(A4~B3サイズ位の大きさ)、鉛筆、消しゴム、ハサミ、のり、トーナルカラーB5サイズ~A4サイズ(色紙のこと。隣接の世界堂でも購入可)、あればお手持ちのアクリル絵の具
※アクリル絵の具は貸し出しあり(500円)。
その他
★常設「はじめてのピカソとマチス―平面化に挑戦しよう」と合同クラス。

講師詳細

金森 宰司(カナモリ サイジ)
1949年生まれ。東京芸術大学大学院油絵専攻修了。現在、新制作協会会員、日本美術家連盟会員。日動画廊、そごう、高島屋などで個展多数。98年熊谷守一大賞展大賞受賞。2000年には「くろいマントのおじいさん」でイタリア・ボローニャ児童賞大賞受賞。
かなもりさいじHP http://kanamori2.web.fc2.com