「乾杯の歌」を歌おう

  • 安藤 英市(声楽家)
  • 頼田 恵(ピアニスト)
講師詳細

「知らなくても、どこかで聴いたことがあるオペラアリア。でも、口ずさむメロディは同じところばかり…。外国語はわからないし、ベルカント発声法も知らない…。そんな方が多いのではないでしょうか。たとえばスポーツは見ているだけでは上手くなりません。オペラも同じです。聴くことから一歩踏み出して、実際に歌ってみませんか。
ヴェルディのオペラ「椿姫」のパーティ場面で、「乾杯の歌」は華やかに歌い上げられます。この有名なアリアで彩る新春。みんなで楽しく、高らかに歌いましょう。本格的なイタリア語の発音、ベルカント唱法の基礎を学び、どなたにでも無理なく歌えるように音の高さを参加者の方に合わせて調節しながら親しむところから始めます。みなさまのご参加をお待ちしております。(講師記)

※音の高さは、ご参加の皆様に合せて調整します。
※楽譜は当日配布いたします。
※お一人ずつでなく皆で歌います。
※原語で歌いますが、発音と意味も説明しますので、初心者の方も歓迎です。

お申し込み
日程
2021/1/30
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
その他
楽譜は当日に教室で配布します。原語で皆で歌います。

講師詳細

安藤 英市(アンドウ エイイチ)
桐朋学園大学音楽学部声楽専攻卒業、同大学研究科3年次修了。後にイタリアへ留学。M.アウグスティーニ氏に師事しイタリア・ベルカントの技術を学ぶ。真のベルカント唱法を伝えられる期待のテノール。イタリアでは、「愛の妙薬」ネモリーノ、「椿姫」アルフレード、「セヴィリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、「ドン・パスクアーレ」エルネスト、「オテッロ」カッシオ、など数多くのオペラやコンサートに出演、カンツォーネ・ナポレターナを歌うと「東洋の顔をしたナポリ人がいる!」と絶賛を受ける。2003年秋、6年間の留学を終え帰国。帰国後も、「ファウスト」ファウスト博士、「ラ・ボエーム」ロドルフォ、「トスカ」カヴァラドッシ、「ジャンニ・スキッキ」リヌッチォ、「蝶々夫人」ピンカートン、「椿姫」アルフレード、「ルチア」エドガルド、青島広志作曲「黒蜥蜴」雨宮潤一など、好評を博している。G・ジャコミーニ・マスタークラス受講。
頼田 恵(ヨリタ メグミ)