人体クロッキーと構成

  • 若林 功(彫刻家)
講師詳細

立体感覚を身に付けるために必要な人体クロッキー。何枚も描くことで、モノを的確にとらえる練習をします。
初回は実際のモデルを見ながらクロッキーとデッサン、2回目はデッサンをもとに構成を学びます。
常設講座「デッサン・若林クラス」と合同。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
自分にあった絵画クラスを見つけたい方、専任スタッフがクラス探しのお手伝いをします。
お気軽に朝日カルチャーセンター横浜窓口(ルミネ横浜8階)または、お電話でご相談ください。
美術工芸課:045-453-1122(月~土 10:00~19:00)

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2020/10/23, 10/30
曜日・時間
金曜 10:00~12:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 8,360円 一般 8,360円
設備費(税込)
330円
持ち物など
エスキース帳 (木炭紙大のサイズのもの・世界堂などで販売)、鉛筆2B-4Bまたは木炭、練りゴム

講師詳細

若林 功(ワカバヤシ コウ)
1941年長野県生まれ。1965年武蔵野美術大学彫刻科卒業 同科研究課程修了 1967年渡伊 ミラノ在住 アカデミー・ブレラ、マリノ・マリーニ教室に入る。1971年 トスカーナ地方フォルテ・デェイ・マルミに居を移す。アンロー大理石会社の作家工房に入る。1975年帰国。受賞:第20回フィレンツェ国際美術ビエンナーレにおいてフィレンツェ金賞。個展:1983年現代彫刻センター、2001年京王プラザホテルロビー他多数↓↓