ドイツの文化と音楽を巡る旅 教室受講

  • ©Hiromi Okishima 
  • ©Hiromi Okishima
  • 沖島 博美(旅行作家)
講師詳細

フランクフルトからドレスデンまでのびるゲーテ街道には、ヴァイマールやイエナなど文豪ゆかりの町や、“ドイツ音楽発祥の地”とも言えるライプツィヒがあります。ヴァイマールはゲーテが人生の3分の2以上を過ごした町ですが、フランツ・リストもヴァイマールに住んでいました。また、 20世紀になって世界のモダン建築を牽引したバウハウス発祥の地でもあります。イエナはゲーテと並ぶドイツの文豪フリードリヒ・シラーが教鞭をとっていた町で、シラーはここでゲーテと親しくなりました。イエナにはドイツが誇るレンズのメーカー、カール・ツァイス社があります。ライプツィヒは音楽の町です。バッハが活躍し、メンデルスゾーンがドイツ初の音楽大学を設立し、シューマンやヴァーグナーも住んでいました。滝廉太郎も音楽留学しています。一般庶民でも、チケットを買えばコンサートを聴ける、という仕組みを世界で初めて作った町でもあります。非常に観光価値の高いドイツの町々を、写真と共に紹介します。 (講師・記)


<各回で取り上げる街>
第1回 (終了) フランクフルト、ヴェッツラー、フルダ
第2回 (終了) アイゼナハ、エアフルト
第3回 (今期)ヴァイマール、イエナ、ライプツィヒ
第4回 ドレスデン

お申し込み

注意事項

●こちらは教室でのご受講専用です。講師の沖島先生は教室で講義を行います。
●オンラインセミナーアプリ「zoom」ウェビナーを使ったオンライン受講もできます。オンライン受講をご希望の方はこちら→https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/9110188a-f869-89b9-bd94-604dbd659fc1

日程
2021/9/4
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

沖島 博美(オキシマ ヒロミ)
1983年より書籍や雑誌その他でドイツ語圏の民俗、歴史、文化を紹介し続けている。主な著書は『イスタンブールと西北トルコ』、『ブダペスト』、『ウィーン』、『ザルツブルク』、『ベルリン/ドレスデン』以上日経BP社、『ドイツ古城街道旅物語』、『北ドイツ=海の街の物語』以上東京書籍、『グリム童話で旅するドイツ・メルヘン街道』、『地球の歩き方/ベルリンと北ドイツ』以上ダイアモンド社、『わがまま歩き/ウィーン・ブダペスト・プラハ』実業之日本社、『ドイツ・クリスマスマーケット案内』、『皇妃エリザベートを巡る旅』、『ウィーンのカフェハウス』以上河出書房新社、その他多数。