桓武天皇とその時代 入門編

  • 遠山 美都男(学習院大学講師)
講師詳細

桓武天皇(山部親王)はその父光仁天皇(白壁王)と共に、将来天皇になるべく生まれ育ったのではなく、官僚として天皇に仕えた経歴があるという点で異色の天皇でした。この父子天皇の治世において平城京から長岡京・平安京への遷都、奈良時代から平安時代への転換がなされたのはいかなる事情によるのでしょうか。彼らは天智天皇の直系の子孫ということで天皇になることが出来たのでしょうか。『続日本紀』と『日本後紀』の解読を通じて「桓武天皇とその時代」に迫る新講座の開講にあたり、光仁・桓武の時代を考える基本的視点について平易に解説します。(講師・記)
 
※本講座は常設講座「桓武天皇とその時代」の初回体験講座です。常設講座の詳細は「桓武天皇とその時代」のリーフレット、ホームページをご覧ください。

この講座は終了しました

注意事項

常設講座 「桓武天皇とその時代」(土曜、月2回)もあります。常設講座の詳細は→https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/22bc4360-c94c-222d-b760-5fcee46017c8

日程
2021/4/3
曜日・時間
指定の 土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 
設備費(税込)
165円

講師詳細

遠山 美都男(トオヤマ ミツオ)
1957年、東京都生まれ。81年学習院大学文学部史学科卒業。同大学院入学、学習院大学文学部助手を経て、現在、同非常勤講師。97年、学習院大学より博士(史学)の学位を授与される。著書に『壬申の乱』『天皇誕生』(以上、中公新書)、『白村江』『天皇と日本の起源』『天智と持統』(以上、講談社現代新書)、『古代日本の女帝とキサキ』『天武天皇の企て』(以上、角川学芸出版)、『古代の皇位継承』『敗者の日本史 大化改新と蘇我氏』(以上、吉川弘文館)、『蘇我氏四代』(ミネルヴァ書房)、『天平の三皇女』(河出文庫)など多数。