日本のキリスト教史
  • 教室開催

  • 黒川知文講師
  • 黒川 知文(中央学院大学教授)
講師詳細

ザビエルがキリスト教を初めて日本に伝え、40年後には日本人の3%がキリスト教を信じるようになった。だが259年間にわたる禁教令により、キリスト教は「邪教」とされ、クリスチャンは激減した。しかし近代以降、西郷隆盛、勝海舟、原敬、尾崎行雄、津田梅子、吉野作造、市川房江、南原繁、大平正芳等、日本史に影響を与えた人物にクリスチャンやキリスト教の影響を受けた人が多い。なぜであろうか。キリスト教はどのようにして宣教されたのであろうか。本講義では、日本におけるキリスト教の歴史を、時代ごとに、特色ある宣教活動と代表的クリスチャンの生涯から考察する。学術的DVDも見ながら楽しく学びたい。(講師記)

参考書:拙著『日本史におけるキリスト教宣教』教文館 2014年

※5月から12月まで全8回で学びます。

<カリキュラム>5~9月
第1回 5/28 序・キリシタン時代:布教公認期  ザビエル
第2回 6/25 キリシタン時代: 禁教期       高山右近
第3回 7/23 明治時代:カトリックと正教 ニコライ
第4回 8/27 明治時代:プロテスタント      ヘボン
第5回 9/24 大正時代:無教会と救世軍      内村鑑三

<カリキュラム>10~12月
第6回 10/22 大正時代:全国協同伝道と再臨運動 中田重治
第7回 11/26 昭和時代:神の国運動          賀川豊彦
第8回 12/24 昭和時代:戦中と戦後の宣教活動  矢内原忠雄

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

5/28開講です。

日程
2022/5/28, 6/25, 7/23, 8/27, 9/24
曜日・時間
第4 土曜 15:30~17:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
設備費(税込)
825円
持ち物など
教室にて、配布資料があります。

講師詳細

黒川 知文(クロカワ トモブミ)
香川県小豆島生まれ。東京外国語大学卒業後、イスラエル国ヘブライ大学に留学し、一橋大学、イェール大学、東京大学の各博士課程において宗教史を専攻し、東京大学より文学博士号授与。東京大学、慶應義塾大学、明治学院大学、東京外国語大学、南山大学、東洋女学院大学で講ずる。愛知教育大学名誉教授、中央学院大学教授、賀川豊彦記念松沢資料館館長、湖北パークサイドチャペル牧師。著書に『西洋史とキリスト教』『ユダヤ人の歴史と思想』『内村鑑三と再臨運動』『日本史におけるキリスト教宣教』等多数。本講義は集大成になる。