コーランを読んでみよう

  • 鎌田 繁(東京大学名誉教授)
講師詳細

イスラームについてさまざまな理解や意見が飛び交っている。どのような思索を進め行動を起こす場合もムスリム(イスラーム教徒)はコーランの言葉に基づこうとする。その意味でクルアーンを知ることはイスラームを知る王道であろう。クルアーンはムスリムにとっては神の言葉であり、聖典であるが、ひとつの古典として読むこともできるであろう。どのような立場をとるにしろ、なにがどのように書かれているのかを知るのをねらいとして、受講者の方と読み進めてみたい。今期はクルアーンのなかで最も長い章である第2章を中心に読んでいく予定。新規の参加者も歓迎します。(講師・記)

◎日程が変則的です。6月は11日(火)16:00~17:30で行います。ご注意ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/4/16, 5/21, 6/11
曜日・時間
第3 火曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,748円 
持ち物など
参考資料は、教室で配布しますのでテキストは必要ありません。
その他
日程が変則的です。6月は11日(火)16:00~17:30、6号室で行います。ご注意ください。

講師詳細

鎌田 繁(カマダ シゲル)
1951年東京生まれ。東京大学文学部卒。同大学院宗教学宗教史学専門課程及びマッギル大学イスラーム学研究所(カナダ)で学ぶ。東京大学東洋文化研究所教授を経て、現在は東京大学名誉教授。専門はイスラーム思想(とくに神秘思想、シーア派研究)。著書に『イスラームの深層―「遍在する神」とは何か』NHK出版の他、近年の論考は以下に収載されている。『井筒俊彦の東洋哲学』慶應義塾大学出版会、『身心変容のワザ〜技法と伝承』サンガ、『井筒俊彦とイスラーム』慶應義塾大学出版会、『宗教の壁を乗り越える』ノンブル社、『イスラームの神秘主義と聖者信仰』東京大学出版会、『グローバル時代の宗教間対話』 大正大学出版会 、『岩波講座宗教4根源へ 思索の冒険』岩波書店、『アジア学の将来像』東京大学出版会。