ゲーテゆかりの地を巡る旅 ドイツ・ゲーテ街道への誘い

  • ©Hiromi Okishima 
  • ©Hiromi Okishima 
  • ©Hiromi Okishima 
  • 沖島 博美(旅行作家)
講師詳細

ゲーテの生まれ故郷フランクフルトから東部ドイツのドレスデンまで、ゲーテゆかりの町々を結んだ観光ルートがゲーテ街道です。堅苦しい古典文学を学ぶのではなく、中部ドイツの個性的で美しい町々を訪ね歩く純粋な観光街道です。この街道はゲーテのみならず、ルター、バッハ、シラーゆかりの地でもあり、まさにドイツ精神が凝縮された地域です。ここを歩けばドイツの真髄が解ることでしょう。どの町も1回では紹介できないほど見どころが多いため、全街道を4回に分けてお伝えします。興味のある町の講座を選んでご参加下さい。第1回目は生家のあるフランクフルト、『若きヴェルテルの悩み』の舞台となった木組の町並みが美しいヴェッツラー、ゲーテの定宿だったホテルが4代目となって今も健在なバロックの町フルダの3都市を写真と共に紹介致します。私たちに身近なものが意外とゲーテ街道に関係があって驚くこともあるでしょう。(講師記)

お申し込み
日程
2021/3/6
曜日・時間
土曜 10:00~11:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

沖島 博美(オキシマ ヒロミ)
1983年より書籍や雑誌その他でドイツ語圏の民俗、歴史、文化を紹介し続けている。主な著書は『プラハ歴史散歩』、『チェコ歴史散歩』以上日経BP社、『プラハ旅物語』、『北ドイツ=海の街の物語』以上東京書籍、『プラハ迷宮の散歩道』、『グリム童話で旅するドイツ・メルヘン街道』、『地球の歩き方/ベルリンと北ドイツ』以上ダイアモンド・ビッグ社、『わがまま歩き/ウィーン・ブダペスト・プラハ』実業之日本社、『ドイツ・クリスマスマーケット案内』『皇妃エリザベートを巡る旅』以上河出書房新社、その他多数。