「ヘンリー八世」を楽しむ 公演チケット付き

  • 河内大和さん
  • 宮本裕子さん
  • 松岡 和子(翻訳家)
  • 宮本 裕子(女優)
  • 河内 大和(俳優)
全ての講師
講師詳細

彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾「ヘンリー八世」が2月に上演されます。
この講座では、本作品の翻訳を手がけ、シェイクスピア37作品全訳をめざす松岡さんが、観劇直前に作品の見どころを解説します。その後、舞台本番を終えたばかりの俳優の宮本裕子さんと河内大和さんを迎え、役作りや作品の魅力のほか、稽古場でのエピソードなどをお話しいただきます。
シリーズも残りあとわずか。作品をより深く味わい、シェイクスピアの世界にたっぷりと浸る1日です。ぜひご参加ください。   
 (協力:彩の国さいたま芸術劇場・ホリプロ)

≪スケジュール≫
11:00~12:00 プレレクチャー (翻訳家・松岡和子さん)
12:00~    お昼休憩
13:00~    本公演鑑賞
終演後1時間程度 アフタートーク(聞き手:松岡さん)
ゲスト:宮本裕子さん、河内大和さん

チケットをお持ちの方は【講義のみ】の講座をお申込みください。
こちら→http://bit.ly/2OJQDWf

残席わずか

注意事項

2/20の公演チケットが付いています。お申し込み後のキャンセル変更はできません。ご了承ください。
講義のみをご希望の方は→http://bit.ly/2OJQDWf

日程
2020/2/20
曜日・時間
木曜 11:00~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 15,100円 一般 16,200円
持ち物など
≪スケジュール≫
11:00~12:00 プレレクチャー(10:50映像ホール前にご集合ください)
12:00~     休憩
13:00~     公演鑑賞
16:30~     アフタートーク
※終了は17:30頃を予定しています。
※時間は目安です。当日の状況により、多少前後します。ご了承ください。  
その他
●チケットは、当日プレレクチャーの際にお渡しします。
●S席チケット付につき、キャンセル、変更はできませんので、ご了承ください。

講師詳細

松岡 和子(マツオカ カズコ)
翻訳家・演劇評論家・東京医科歯科大学名誉教授。1942年旧満州新京(長春)生まれ。東京女子大学英米文学科卒業。東京大学大学院修士課程修了。専攻は17世紀イギリス演劇。発足当初の現代演劇協会(付属劇団雲)文芸部研究生、『罪と罰』(演出・福田恆存)『黄金の国』(演出・芥川比呂志)の公演には演出助手として参加。1982年東京医科歯科大学(教養部)助教授、1986年から1997年3月まで教授。
主な著書は『ドラマ仕掛けの空間』(創樹社)、『すべての季節のシェイクスピア』(筑摩書房)、河合隼雄氏との対談集『快読シェイクスピア』(ちくま文庫)、『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫)、『深読みシェイクスピア』(新潮文庫)など。
訳書は『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『クラウド9』など多数。現在、シェイクスピア戯曲の全訳に取り組んでおり、既刊は『ハムレット』『ロミオとジュリエット』『マクベス』『リア王』『ヘンリー五世』ほか34本。
1995年第2回湯浅芳子賞受賞(海外戯曲翻訳部門)。日本シェイクスピア協会会員、
国際演劇評論家協会会員。第21期、22期 国語審議会委員。2008年度まで文化庁文化審議会委員。
宮本 裕子(ミヤモト ユウコ)
日本大学芸術学部演劇科卒業。90年代より舞台、映画、テレビで活躍。主な出演作は舞台『ピーター・パン』『レ ミゼラブル』『エヴァ、帰りのない旅』(第6回読売演劇大賞 杉村春子賞優秀女優賞)
『パパに乾杯』『かもめ』(第34回紀伊國屋演劇賞 個人賞)など。彩の国シェイクスピアシリーズは『十二夜』『夏の夜の夢』に出演。近年の舞台作品は『桜の園』『この熱き私の激情』『薔薇戦争』。
河内 大和(コウチ ヤマト)
1978年山口県出身。2004年以降「りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ」にて、『マクベス』や『ハムレット』でタイトルロールを演じるなど、中核的存在として活躍。
退団後、13年に「MASH'Company」を旗揚げし、「RICHARD III MISTER / BLANK」や「Waltz For # Macbeth」、「朗毒会」「即興狂読」シリーズの演出も手掛けている。15年よりカクシンハンに参加。‪近年の主な出演舞台は、『エッグ』(野田秀樹演出)『カラマーゾフの兄弟』(小野寺修二演出)『ヴェローナの二紳士』(蜷川幸雄演出)『ヘンリー五世』(吉田鋼太郎演出)、『春のめざめ』(白井晃演出)等。‬