ペルシャ文明の歴史と宗教Ⅲーサーサーン朝の宗教 ★日程が変わりました。11/11休講⇒11/18補講

  • トゥルファン勝金口の寺院遺跡
  • 青木 健(静岡文化芸術大学教授)
講師詳細

 ペルシャ文明の歴史と宗教について、新しい研究動向を踏まえて考えていくシリーズです。今期はサーサーン朝ペルシア帝国の宗教を取り上げます。
 サーサーン朝ペルシア帝国は、一般にゾロアスター教を国教とした政教一致の国家だったとされます。しかし、講師はこれに対し、マズダー教、ズルヴァーン主義、ゾロアスター教を厳密に区別すべきだと考えています。
 この講座では、一般に取り上げられることの少ないサーサーン朝の宗教事情を解説し、同時期のキリスト教理解や大乗仏教理解にも資したいと思います。(講師記)

※講義時間は9:50~11:20です。時間にご注意ください。

★日程が変わりました。11/11は休講です。補講日は11/18です。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

★日程が変わりました。変更前11/11⇒変更後11/18
講義時間は9:50~11:20です。時間にご注意ください。

日程
2019/10/14, 11/18, 12/16
曜日・時間
月曜 09:50~11:20
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 

講師詳細

青木 健(アオキ タケシ)
1972年生まれ。東京大学文学部イスラム学科卒業。同大学院人文社会系研究科博士課程修了。文学博士。専門はゾロアスター教、イラン・イスラーム思想。慶応義塾大学言語文化研究所兼任所員を経て2017年より現職。著書に『アーリア人』『ゾロアスター教』(講談社選書メチエ)、『ゾロアスター教史』(刀水書房)。