いま読みたい日本の名作 芥川龍之介「藪の中」世界文学となる オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • © 2011 National Diet Library. All Rights Reserved.
  • 安藤 公美(東邦大学講師)
講師詳細

「真相は藪の中」という出来事が後を絶ちません。この「藪の中」という言葉は、1922年に芥川が同タイトルの小説を発表して以後、辞書に載るようになりました。文学が社会事象を代行する好例です。黒澤明の映画《羅生門》(1955年)の原作として、世界で一気に知名度が上がりました。死体があり、犯人がいて、動機も語られる……にもかかわらず、この小説のミステリは未だ誰にも解かれていません。不条理、多声、ジェンダーなど、現代文学を先取りする要素も満載です。古典を題材としながら、なぜ、このような面白い小説を作家は発想できたのでしょう。大正中期のニュースや海外文学、作家のことなどの解説とともに、この名作を存分に楽しんでいきます。(講師記)

第1回 傑作の誕生~原典へのアダプテーション
第2回 一人称が語る、愛と死~大正期の社会事象
第3回 〈不条理〉の映像化~黒澤明《羅生門》の見所

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9yokohama@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/12, 11/9, 12/14
曜日・時間
指定の 火曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 
設備費(税込)
495円
持ち物など
■ 参考書
『芥川龍之介全集4』ちくま文庫、880円(税込)
 *お手持ちのご本があれば、ご持参ください。

講師詳細

安藤 公美(アンドウ マサミ)
東京に生まれ、神奈川に育つ。フェリス女学院大学大学院修了。博士(文学)。東邦大学、鎌倉教養センター、茨城県南生涯学習センターなどで日本文化・文学、文章・日本語表現法の講師を勤める。著書に『芥川龍之介論―絵画・異文化・都市・映画』(翰林書房)ほかがある。