• トライアル可

ランボー全詩を読む フランス詩を探す時間の旅
  • 教室開催

  • 野村 喜和夫(詩人)
講師詳細

 本講座は「フランス詩を探す時間の旅」の延長拡大版で、ランボーの全詩を原文で読むというプロジェクトを敢行します。19世紀後半のフランスに出現した天才詩人ランボー。彼は15歳から20歳までのわずか5年の間に、世界文学に燦然と輝く詩を書いたのち、筆を折ってアフリカへと去りました。その生と詩は、20世紀を通して、いや21世紀になってからも、文学のみならず、芸術諸ジャンルやポップカルチャーに至るまで、世界中に計り知れないインパクトを与えつづけています。そんなランボーの謎と驚異に満ちた詩の世界を体験してみませんか。なお、受講者には初級程度のフランス語を習得していることが望まれます。(講師記)

※やさしいフランス語で書かれた詩をとりあげていきます。 フランス語多少の学習経験は必要ですが、日本語で講義をしますので、フランス詩に興味があれば受講できます。

★この講座をはじめてご受講される方へ★
お申し込みの前に、電話(045-453-1122)またはメールでお問合せください。
講座の進め方やテキストの進捗状況、学習レベルの状況などについてお知らせいたします。
メールでのお問い合わせはこちらから。
http://www.asahiculture.jp/yokohama/form_gaikokugo

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2023/4/8, 4/22, 5/13, 5/27, 6/10, 6/24
曜日・時間
第2・4 土曜 11:45~13:15
回数
6回
受講料(税込)
会員 21,780円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
<テキスト>指定の教材を使用します。(6枚以上・カラーは有料)

講師詳細

野村 喜和夫(ノムラ キワオ)
詩人。1951年埼玉県生まれ。早稲田大学文学部卒。戦後生まれ世代を代表する詩人のひとりとして、現代詩の先端を走りつづける。著訳書多数。詩集に『川萎え』『反復彷徨』『特性のない陽のもとに』(歴程新鋭賞)『現代詩文庫・野村喜和夫詩集』『風の配分』(高見順賞)『ニューインスピレーション』(現代詩花椿賞)『スペクタクル』『難解な自転車』『ヌードな日』(藤村記念歴程賞)『デジャヴュ街道』『薄明のサウダージ』(現代詩人賞)『花冠日乗』、小説に『骨なしオデュッセイア』『まぜまぜ』、評論に『ランボー・横断する詩学』『移動と律動と眩暈と』『萩原朔太郎』(鮎川信夫賞)『哲学の骨、詩の肉』、訳著に『ルネ・シャール詩集 評伝を添えて』など。また、英訳選詩集『Spectacle & Pigsty』で2012 Best Translated Book Award in Poetry (USA)を受賞するなど、海外での評価も高い。