鎌倉時代の武士の生き方  1年で学ぶ

  • 本覚寺 写真提供:鎌倉観光協会
  • 今井 雅晴(筑波大学名誉教授)
講師詳細

鎌倉時代の武士はどのように生きたのでしょうか。彼らには現代とは異なる心情や生命力がありました。本講座では、幕府において執権北条氏に協力しつつも、時に争い、滅ぼされることもあった有力な武士たちを追っていきます。本講座では三浦半島を根拠地とした三浦氏一族を見ていきます。
今期は下野国南部・中部と常陸国笠間郡を領地とする大豪族の宇都宮氏一族を見ていきます。源頼朝挙兵を助けた宇都宮氏は、大豪族のゆえに北条時政・義時に滅ぼされかけましたが、持ちこたえ、やがて将軍源実朝に信頼され、北条泰時に強く頼りにされて宇都宮系執権誕生寸前まで行きました。また後には北条時宗の信用を得て、蒙古襲来の最前線で戦っています。   (講師記)            
    
<カリキュラム>
回 日程 テ  ー  マ
1 1/16 源頼朝を助けた宇都宮朝綱─妹は頼朝の乳母
2 2/6    宇都宮頼綱①─北条時政・義時に滅ぼされかける
3 2/20 塩塩谷朝業─将軍源実朝の信頼を得る、和歌を通して
4 3/19 宇都宮頼綱②─孫娘と北条泰時の子時氏が婚約
5 3/26 蒙古襲来の折、総大将として九州で戦う 

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

教室変更がある場合があります。当日教室案内をご確認ください。

日程
2020/1/16, 2/6, 2/20, 3/19, 3/26
曜日・時間
第1・3 木曜 13:00~14:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
持ち物など
☆教室で配布資料があります。
その他
★日程にご注意ください。1月2日、1月30日、3月5日は休講、3月は第3・4木曜に行います。

講師詳細

今井 雅晴(イマイ マサハル)
1942年東京都生まれ。東京教育大学大学院博士課程修了。日本仏教史専攻。文学博士。現在、筑波大学名誉教授、真宗文化センター所長。親鸞とその家族の伝記、および浄土真宗の歴史の研究を行っている。著書に『親鸞と浄土真宗』『親鸞と恵信尼』『親鸞の家族と門弟』『茨城と親鸞』『親鸞の風景』など多数がある。