指揮者が語るベートーヴェン「運命」の魅力

  • 撮影:藤本史昭
  • 阿部 未来(指揮者)
講師詳細

運命は本当に扉を叩いたの!?ベートーヴェンの交響曲の中でも、とりわけ有名な交響曲第5番。冒頭部分が特に有名なこの曲には、一体どんなメッセージが込められているのでしょうか。作品の構造、歴史的な背景、そして気になる、指揮者は一体何を考えて振っているのか?などの疑問にこたえながら、作品の魅力に迫っていきます。楽譜を一緒に読み解きながら、ベートーヴェンの世界を覗いてみませんか?(講師・記)

お申し込み
日程
2020/3/7
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円

講師詳細

阿部 未来(アベ ミライ)
東京音楽大学大学院科目等履修生作曲・指揮専攻修了。2011 年ロータリー財団国際親善奨学生としてドイツ国立ドレスデン”カール・マリア・フォン・ウェーバー”音楽大学オーケストラ指揮科に留学。指揮を広上淳一、船橋洋介、三河正典、時任康文、E.クレム、S.ライスナーの各氏に師事。2015年~2018年度まで、神奈川フィルハーモニー管弦楽団副指揮者。