ピアノ・ソナタの系譜 ハイドンからブラームスまで

  • ハイドン
  • ブラームス
  • 平野昭講師
  • 平野 昭(音楽評論家)
講師詳細

ハイドンの若い時代に成立したピアノ・ソナタの歴史は、ベートーヴェン作品で金字塔ともいうべき全盛期を迎えていますが、ハイドンからモーツァルトを経てベートーヴェンに至る過程の時代様式と個人様式の変遷をたどりながら、それぞれの佳品の魅力を紹介します。そして、ベートーヴェンの同時代者であるシューベルトの天才的な個性、ベートーヴェンに挑戦した後続のシューマン、ショパン、リスト、ブラームスのソナタのピアノ音楽としての新時代の魅力についてみてゆきます。(講師記)

<カリキュラム>
第1回:さまざまなタイプのハイドン62曲の宝庫。
第2回:モーツァルトの天才、その軽妙と洒脱。
第3回:《悲愴》《月光》《ワルトシュタイン》《熱情》のベートーヴェン。
第4回:型破りのロマン主義者シューベルトの独創。
第5回:新時代のピアノ音楽の開拓者シューマン、ショパン、リストのソナタ。
第6回:ブラームスのピアニズム。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/4/3, 5/1, 6/5, 7/3, 8/7, 9/4
曜日・時間
第1 土曜 15:30~17:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 18,018円 
設備費(税込)
990円
その他
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

平野 昭(ヒラノ アキラ)
1949年横浜生まれ。武蔵野音楽大学大学院修了。静岡文化芸術大学名誉教授、沖縄県立芸術大学客員教授、桐朋学園大学特任教授。前慶應義塾大学文学部教授。18~19世紀の西洋音楽史研究。特にドイツ語圏の作曲家作品研究が専門領域。とりわけベートーヴェンの全作品の分析的研究。『ベートーヴェン』(新潮社)、『人と作品:ベートーヴェン』(音楽之友社)、『音楽キーワード事典』(春秋社)、『ベートーヴェン事典』(東京書籍・共著)、『ベートーヴェン大事典』(平凡社・監修と共訳)等。音楽評論家として放送出演や「毎日新聞」等執筆。