初めて学ぶ中国古代史 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 竹木簡
  • 森 和(杏林大学外国語学部准教授)
講師詳細

中国では古くから歴史書が編纂され、中でもいわゆる「正史」が中心的な位置を占めてきました。一方、最近では考古発掘などにより新たな文字資料が多く発見され、それまでの見解を見直したり、新たな知見を提供したりしています。
この講座では、従来の文献史料と様々な考古資料とを活用して、文明の成立から唐代くらいまでの歴史を皆さんと一緒に学んでゆこうと思います。(講師記)

【各回のテーマ】
第13回 前漢(1):成立初期の悩み
第14回 前漢(2):最盛期の光と影
第15回 後漢(1):儒教と国家
第16回 後漢(2):皇帝の内と外
第17回 三国時代:魏の強み
第18回 西晋:基礎づくりと萌芽

*各回のテーマは予定です。状況に応じて変更する場合がございます。ご了承ください。

〈ご案内事項〉
・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【yk9yokohama@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。著作権保護のため、講座内で引用した映像は、アーカイブ配信ではカットする場合がございます。予めご了承ください。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は 【yk9yokohama@asahiculture.com】 までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は 【yk9yokohama@asahiculture.com】 までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

教室でもオンライン(Zoom)でも受講できるハイブリッド講座に変更しました。(9/24更新)

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【yk9yokohama@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。著作権保護のため、講座内で引用した映像は、アーカイブ配信ではカットする場合がございます。予めご了承ください。

日程
2021/10/8, 10/22, 11/12, 11/26, 12/10, 12/24
曜日・時間
第2・4 金曜 15:30~17:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
★資料は教室で配布します。

講師詳細

森 和(モリ マサシ)
2005年3月、早稲田大学大学院文学研究科史学(東洋史)専攻博士課程満期退学。早稲田大学21世紀COE客員研究助手、同大学高等研究所助教、成城大学などの非常勤を経て現職。博士(文学)。専門は中国古代史、出土文字資料学。研究論文に「子弾庫楚帛書の天人相関論について」(『中国出土資料研究』第11号、2007年3月)、「秦人の夢―岳麓書院蔵秦簡『占夢書』初探―」(『日本秦漢史研究』第13号、2013年3月)など。