神奈川県の鳥、カモメを知ろう  野生の力
  • 教室開催

  • 撮影 松田イレーネ
  • 撮影 松田イレーネ
  • 撮影 松田イレーネ
  • 安西 英明((公財)日本野鳥の会主席研究員)
講師詳細

コロナ禍は、人類のこれまでの繁栄の在り方を見直すチャンスでもあります。密を避ける上でも屋外で過ごす時間を増やし、季節を味わい、野生の命と出会って癒され、元気になりましょう。自然や生命について知見を増やし、正しく恐れ、上手く楽しむことができるように、野生生物の魅力に迫り、その不思議や驚異の生命力を紹介する講座です。

神奈川県の鳥、カモメについて知っていますか?カモメは沖にはいないこと、雑食性で逞しい鳥であることなど案外知られていません。識別が最も難しい野鳥で、神奈川県だけでも20種以上が記録されていますが1年中いるのはウミネコだけ、多くは秋にロシアから飛来します。カモメの見分け方や暮らし方を知り、視点を広げてみましょう。今の世の中をどう考えたらよいのか?についても参考になるかも知れません。(講師記)

この講座は終了しました
日程
2021/10/13
曜日・時間
水曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

安西 英明(アンザイ ヒデアキ)
1956年東京生まれ。1981年(財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ初代レンジャーとして着任後、野鳥や自然観察、環境教育などにたずさわる。現在、(公財)日本野鳥の会理事・主席研究員、(社)日本環境教育フォーラム理事など、解説を担当した野鳥図鑑は45万部以上の発行、NHKラジオ『季節の野鳥』の解説役をおよそ20年間続けた。著書に『新・山野の鳥』、『新・水辺の鳥』、『バードウォッチング案内人の手引き』、『見る読むわかる野鳥図鑑』((財)日本野鳥の会)、『スズメの少子化、カラスのいじめ』(ソフトバンク新書)、『野鳥eco図鑑』(東洋館出版)、『「春の野鳥」を見に行こう!』(講談社)など。