ゼロから学ぶ世界の歴史 20講

  • 堀井 弘一郎(日本大学講師)
講師詳細

画家ゴーギャンには「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」という絵があります。この講座では、1年間20講で人類の誕生から現代までをざっくりと概観しながら、この問いに向き合っていきたいと思います。「世界の歴史」を学ぶ機会のなかった方、あったけれどももう忘れてしまったなぁと思う方、もう一度学び直してみたいと考えている方など、大歓迎です。さぁ、ご一緒に「世界の歴史」の扉を開けて、我々人類、人間が歩んできた道のりを気球の上から眺めるような気分で旅してまいりましょう。(講師-記)*2020年7月開講。1年でたどります。各回テーマがありますので、途中受講歓迎。今期終了です。

第16回 世界恐慌とファシズムの拡大
第17回 第2次世界大戦の勃発とアジア太平洋戦争の展開
第18回 戦後世界秩序の形成と東西冷戦の進行
第19回 「第三世界」の台頭と混迷
第20回 「冷戦終結」後の混沌とグローバリゼーション

*各回のテーマは予定です。状況に応じて、変更する場合がございます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

■最終回(6/29)のみ、時間帯がいつもと違います。ご注意ください。

日程
2021/4/27, 5/18, 5/25, 6/22, 6/29
曜日・時間
火曜 13:30~15:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
設備費(税込)
825円
持ち物など
■毎回、プリントを配布する予定です。
その他
■教室変更の可能性があります。毎回、ロビー掲示板でご確認をお願いします。
■講師の都合により、日程変更の可能性があります。予めご了承ください。

講師詳細

堀井 弘一郎(ホリイ コウイチロウ)
1952年生まれ。1976年京都大学法学部卒業。2009年日本大学大学院総合社会情報専攻博士後期課程修了。博士(総合社会文化)。都立高校教諭、開智国際大学講師等を経て現職。専門は中国近現代史・日中関係史。高校で世界史担当の経験ももつ。著書・論文に『「満州」から集団連行された鉄道技術者たち』(創土社)、『汪兆銘政権と新国民運動』(創土社)、『上海の戦後』(共編著、勉誠出版)、『戦時上海グレーゾーン』(共編著、勉誠出版)、『現代アジア事典』(共編著、文眞堂)、『アヘンと近現代アジア』(共著、勉誠出版、近刊)、「郷土史と戦時国際法をつなぐ」(『東京の歴史教育』48号)、「戦時下上海の日中新聞メディア」(『立命館 言語文化
研究』30巻1号)等。