鈴木秀美が語るモーツァルトの魅力

  • ©K.Miura
  • 鈴木 秀美(チェリスト・指揮者)
講師詳細

神奈川フィルハーモニー管弦楽団が神奈川県立音楽堂で始める「モーツァルト+(プラス)」シリーズを前に、チェリストであり指揮者の鈴木秀美氏が、同シリーズで取り上げるモーツァルトの交響曲「プラハ」などの音楽の魅力を語ります。バロック仕様のチェロ奏者の旗手としての楽器や弓の説明とデモンストレーションなど、合わせてお楽しみいただける講座です。

■当日、教室にて公演チケットを販売予定です。

【演奏会情報】
2019年7月6日(土)15:00開演 神奈川県立音楽堂
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 音楽堂シリーズ第13回
ブリテン/シンプル・シンフォニー Op.4
ヒンデミット/組曲「気高き幻想」
モーツァルト/交響曲第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
指揮:鈴木秀美
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
お問合せ 神奈川フィル・チケットサービス 045-226-5107(平日10:00~18:00)


2019年7月7日(日)14:00開演 鎌倉芸術館小ホール
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 アフタヌーン名曲コンサート
モーツァルト&ハイドン
モーツァルト/セレナード 第13番 ト長調 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 K.525
ハイドン/交響曲 第88番 ト長調 「V字」
モーツァルト/交響曲 第38番 ニ長調 「プラハ」 K.504
指揮:鈴木秀美
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
お問合せ鎌倉芸術館チケットセンター 0120-1192-40 (10:00~19:00)

この講座は終了しました
日程
2019/6/8
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円

講師詳細

鈴木 秀美(スズキ ヒデミ)
チェロ、指揮、執筆、録音ディレクター、後進の指導と活動は多岐にわたり、サントリー音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞ほか多数を受賞。主要な古楽団体でメンバーや首席奏者を務めた。2001年《オーケストラ・リベラ・クラシカ》を創立し、自身のレーベル《アルテ・デラルコ》からその録音や室内楽等をリリース中。国内外のオーケストラに指揮者及びソリストとして客演。山形交響楽団首席客演指揮者。著書に「『古楽器』よ、さらば!」(音楽之友社)、「ガット・カフェ」「無伴奏チェロ組曲」(東京書籍)、「通奏低音弾きの言葉では」(アルテス・パブリッシング)。東京音楽大学チェロ科客員教授、東京藝術大学古楽科講師。