宇宙の「果て」に挑む  【日程変更がありました】
  • 教室・オンライン同時開催

  • 宇宙の進化の模式図 © NASA/WMAP Science Team
  • 秦 和弘(国立天文台水沢VLBI観測所助教)
  • 山岡 均(国立天文台准教授)
  • 茅根 裕司(高エネルギー加速器研究機構量子場計測システム国際拠点特任助教)
  • 石垣 美歩(国立天文台ハワイ観測所助教)
  • 笠原 慧(東京大学大学院理学系研究科准教授 )
  • 布施 哲治(情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター主任研究員)
全ての講師
講師詳細

夜空に輝く星にも、一生の始まりと終わりがあります。さらに宇宙の奥深くを探っていけば、時間的な宇宙の果て=宇宙の始まりにたどり着きます。宇宙の歴史や構造を探るうえで、さまざまな「果て」を探ることは、ものごとの「始まり」を探るのと同じくらい重要で、天文学者の関心を捉えて離しません。今回は、時空の果てであるブラックホール、太陽系の果て、星の最期など、さまざまな「果て」に着目して最新の研究成果をご紹介します。<監修:国立天文台 平松正顕・記>

10/1 時空の果てを見る:ブラックホールの観測最前線 国立天文台水沢VLBI観測所助教  秦 和弘 ※リモート講演
10/15 果てしない星の循環 国立天文台天文情報センター准教授 山岡 均
10/22 宇宙の果てを見る:宇宙マイクロ波背景放射観測の最前線 高エネルギー加速器研究機構量子場計測システム国際拠点特任助教 茅根 裕司
11/19 宇宙の化石星が解き明かす天の川銀河のなりたち 国立天文台ハワイ観測所助教  石垣 美歩
12/3 地球圏の果て:惑星の磁場とプラズマの世界 東京大学大学院理学系研究科准教授  笠原 慧         
12/17 太陽系の果てを探る 情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター主任研究員 布施 哲治

【重要】第3回の日程変更がありました。11/5休講⇒10/22補講です(9/2記)

■講師の都合により、日程を変更する場合がございます。予めご了承ください。
*各回のテーマは予定です。状況により、変更になる可能性もあります。


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室で講義予定)。
※初回の秦講師はオンラインで登壇します。教室ではスクリーンに投影した映像を視聴いただきます。
パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9yokohama@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。





この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

【重要】第3回の日程変更がありました。11/5休講⇒10/22補講です(9/2記)

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。
※講師は教室で講義する予定ですが、状況に応じてオンライン登壇の可能性があります。
・開講日の前日夜までにメール登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/10/1, 10/15, 10/22, 11/19, 12/3, 12/17
曜日・時間
土曜 13:00~14:45
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
その他
■初回の秦講師はオンラインで登壇します。教室ではスクリーンに投影した映像を視聴いただきます。
■講師の都合により、日程を変更する場合がございます。予めご了承ください。

講師詳細

秦 和弘(ハダ カズヒロ)
1983年生まれ。名古屋大学理学部卒。総合研究大学院大学天文科学専攻修了。博士(理学)。イタリア電波天文学研究所研究員、日本学術振興会特別研究員を経て国立天文台水沢VLBI観測所助教。電波望遠鏡を用いて活動銀河など宇宙の高エネルギー現象を研究。史上初のブラックホール撮影に成功したEvent Horizon Telescope国際チームのメンバーを務めるとともに、近年は日韓中などの東アジア地域における国際電波望遠鏡ネットワークの構築も推進中。
山岡 均(ヤマオカ ヒトシ)
1965年愛媛県松山市生まれ。東京大学理学部天文学科卒。東京大学大学院理学系研究科で学び、博士(理学)。九州大学大学院理学研究院助教などを経て、 現在、国立天文台天文情報センター長・広報室長・准教授。専門は、超新星をはじめとする変動天体の理論的観測的研究。天文学の教育・普及にも尽力し、国際天文学連合では天文アウトリーチ日本窓口を務めている。
茅根 裕司(チノネ ユウジ)
1983年生まれ。東北大学宇宙地球物理学科(天文)卒。東北大学大学院理学研究科天文学専攻修了。博士(理学)。高エネルギー加速器研究機構博士研究員、カリフォルニア大学バークレー校Postdoctoral Scholar, 同Associate Specialist, 同Assistant Project Scientist, 東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター特任助教を経て、現在、高エネルギー加速器研究機構量子場計測システム国際拠点特任助教。専門は観測的宇宙論。宇宙マイクロ波背景放射(CMB)の偏光観測実験に従事し、宇宙の開闢と標準模型を超える物理探索を行なっている。
石垣 美歩(イシガキ ミホ)
1982 年生まれ。東北大学大学院理学研究科修了。博士(理学)。国立天文台ハワイ観測所研究員、日本学術振興会特別研究員、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構特任研究員、東北大学大学院天文学専攻特任助教等を経て、国立天文台ハワイ観測所(三鷹)助教 専 門は天の川銀河の古い恒星系を対象とした観測的研究と宇宙の化学進化。
笠原 慧(カサハラ サトシ)
1981年生まれ。東京大学理学部卒。東京大学大学院理学系研究科修了。博士(理学)。宇宙航空研究開発機構プロジェクト研究員、同機構・宇宙科学研究所助教を経て、東京大学・大学院理学系研究科・地球惑星科学専攻准教授。専門は、探査機を利用する太陽系科学。現在は、ジオスペース探査衛星「あらせ」、彗星探査計画「Comet Interceptor」、月極域探査「LUPEX」等に参加している。
布施 哲治(フセ テツハル)
1970年横浜生まれ。総合研究大学院大学修了、博士(理学)。国立天文台ハワイ観測所シニア広報担当研究員を経て、情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター主任研究員。専門は太陽系天文学、衛星開発。著書は「天体衝突の危機」、「ようこそ宇宙の研究室へ」、「たとえば銀河がどら焼きだったら」、共著書は「太陽系の果てを探る―第十番惑星は存在するか」など多数。