• トライアル可

英文学を原書で読む 「Orlando:A Biography」
  • 教室開催

  • 高井 宏子(元大東文化大学教授)
講師詳細

 『灯台へ』を書きあげた直後に、ヴァージニア・ウルフは、友人/恋人であった貴族階級出身の作家ヴィタ・サックヴィル—ウエストをモデルにして、『オーランドー:ある伝記』と銘打ったフィクションを書きます。主人公が16世紀から20世紀までを生き、その途上で、男性から女性への性転換が起こるという荒唐無稽な枠組みで描かれたこの物語は、個人的冗談に満ちながら、従来のウルフの作品よりも幅広い読者層に向けて書かれています。小説ジャンルと伝記ジャンルの両方に挑みながら、「書くこと」を中心テーマに据えたこの小説で、ウルフはイギリスの歴史と伝統をからかいながら、壮麗で稀有な世界を紡ぎだします。 (講師・記)

※この作品は今期から講読開始します。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申込みはお電話045-453-1122で

注意事項

★新しい方はお電話にてお問合せください。
 前期テキストの進捗の関係で、新テキスト『オーランドー』に入る日程が11月30日になりました。(10/5更新)

日程
2022/10/19, 11/2, 11/16, 11/30, 12/7, 12/21
曜日・時間
第1・3・5 水曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 20,460円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
<テキスト>Virginia Woolf "Orlando:A Biography" Oxford World's Classics
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-0199650736
https://www.amazon.co.jp/dp/019965073X/
※書店やAmazonで各自ご購入の上、ご準備ください。

講師詳細

高井 宏子(タカイ ヒロコ)
たかい・ひろこ 津田塾大学大学院文学研究科博士課程前期修了(文学修士)。同博士課程後期満期退学(英文学専攻)。帝京大学専任講師、助教授、准教授、教授。大東文化大学環境創造学部・社会学部准教授、教授。2021年退職。2015年英国ケンブリッジ大学英文科訪問研究員。日本英文学会、日本ヴァージニア・ウルフ協会、Literature Cambridge会員。共著に、富山太佳夫編『フェミニズム』(研究社)、木下卓、窪田憲子ほか篇『英語文学事典』など、訳書に『ヴァルター・ベンヤミンとパリ・パサージュ―見ることの弁証法』(勁草書房)、『ヤクザの文化人類学―ウラから見た日本―』(岩波書店)、『ワルター・ベンヤミン―革命的批評に向けて』(共訳 勁草書房)、『読みのプロトコル』(共訳 岩波書店)、『スコールズの文学講義』(共訳 岩波書店)、『セックスの発明―性差の観念史と解剖学のアポリア』(共訳 工作舎)など。