【6月】古代文字で作る名前のハンコ

  • 図案例
  • 多田 文昌(美術家)
講師詳細

くねった線で文様化された装飾的な古代文字「鳥虫篆(ちょうちゅうてん)」。
個別に講師が下書きします。あとは彫れば完成。時間内に本格的な石のハンコが仕上がります。手紙や葉書に捺すのはもちろん、アイデア次第でいろいろな使い方も。大きさは約2センチ四方、用途によって変更も可能です。

※図版に入れる文字(イニシャルなど)等のご希望を事前にお知らせください。講師がデザインをし、当日お渡しします。

※当日、教室にて教材費(印材約1000円~)のお支払いをお願いしております。

お申し込み
日程
2020/6/21
曜日・時間
日曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<持ち物>はさみ、筆記用具、必要な方は老眼鏡 ※お持ちの方は印刀も。
(メガネタイプのルーペをお持ちの方はご持参ください。)
その他
※印刀、紙ヤスリ、転写用マジックは当日貸出します。
※当日、教室にて教材費(印材約1000円~)のお支払いをお願いします。
※希望者には講師の著書を参考テキストとして販売します。

講師詳細

多田 文昌(タダ フミアキ)
2001年イギリスの美術館にて19回目の個展。作家活動のほか、コカ・コーラお茶のパッケージ6種、ユニセフの年賀状、藤井フミヤ氏の落款、高田賢三氏の新会社ロゴマーク、映画タイトル文字、装幀、挿画、広告などを手掛ける。著書に「石のハンコで作るオリジナル雑貨」「石のハンコ実例百科」木耳社、「ハンコで遊ぼう!」芸術新聞社、「30分でできる! 石のハンコ講座」ビジョン企画出版社など多数。