【教室受講】シェイクスピア「ソネット詩集」の世界 こころの対話
  • 教室開催

  • 清水 徹郎(お茶の水女子大学名誉教授)
講師詳細

 ソネットは中世イタリアに始まる長い伝統を持つ14行の定型詩です。シェイクスピアは
『ロミオとジュリエット』などの芝居でよく知られますが、それは舞台の上での恋。ソネ
ットは恋人あるいは詩人との対話を基本構造とします。『ソネット詩集』を紐解いて、詩
人とあるいは自分の真の恋人とこころの会話をしてみませんか。講座では『ソネット詩集
』から気に掛かる詩のいくつかを英語原文で拾い、英詩の技法とともにその面白さを紹介
します。3回の連続講座で第1回「美の儚さと詩の永遠」第2回「愛の曖昧さ、矛盾、欺
瞞と許し」第3回「古代詩人との対話、現代の読者へ向けて」の順に考察します。厳格な
詩形を保ちながらも自然な口語で語りかけ、生々しい思いを美しくも結晶させた小宇宙。
そんな世界を探訪してみましょう。(講師・記)

オリジナルな解説付きのプリントを配布します。
詳しく読んでみたい方には次のいずれかのテキストがお勧めです。
【参考書】
①川西進編注『シェイクスピア ソネット集』音羽書房鶴見書店1,800円
②大場建治対訳詳注『ソネット詩集』研究社4,500円
③William Shakespeare, The Sonnets and A Lover’s Complaint, ed. by John Kerrigan, Penguin.
(①シェイクスピア詩の魅力を鋭く捉えた名著。②丁寧な翻訳付き。③本格的な注釈。)


〈ご案内事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
●本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
★zoomの使用方法は、下記ページをご参照ください。
https://www.asahiculture.jp/page/online_howto_zoom
●配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
●開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は yk9yokohama@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本ページは教室で受講される方のお申し込みページです。
オンライン受講の方はこちら⇒https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/a2d82e86-975f-5c5d-351f-625fb6a9f1d5

●本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
●開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
●ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/7/30, 8/27, 9/24
曜日・時間
第4週 土曜 10:00~11:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円

講師詳細

清水 徹郎(シミズ テツロウ)
東京大学大学院修士課程修了後、東京工業大学を経てお茶の水女子大学で教鞭をとる。現在はお茶の水女子大学名誉教授。日本英文学会および日本シェイクスピア協会会員。専門は英文学、特にシェイクスピアの時代の演劇と詩。また同時代におけるギリシャ・ローマ古典文学受容の問題にも興味を持っている。著書に『エリザベス朝演劇の誕生』、『ことばと文化のシェイクスピア』、『シェイクスピアと演劇文化』(いずれも共著)などがある。論文としては “‘She throws forth Tarquin’s name’: Some Sixteenth-Century Traditions of ἄπτερος and the Idea of Voice in Shakespeare’s Poetics”他。