【教室受講】 大日本帝国の崩壊と海外引揚 ②引揚者の戦後
  • 教室開催

  • 加藤聖文講師
  • 加藤 聖文(国文学研究資料館准教授)
講師詳細

 近代以降、多くの日本人がアジアへ渡っていきました。戦争に敗れると彼らは日本へ送還され、引揚者と呼ばれました。まさに近代の日本とアジアの歴史を象徴する存在といえます。本講座は、大日本帝国が崩壊した後、アジア各地に残留した日本人がどのような環境のなかで引揚げたのか、そして戦後の日本社会における歴史的意味について3期にわたって考えていきます。第2期は、比較的平穏に引揚が行われた台湾・中国本土・南朝鮮からの日本人引揚と引揚者の戦後を検証します。(講師・記)

〈各回のテーマ〉
1  台湾引揚と戦後日本人の台湾観
2  国共内戦下の日中提携-中国本土引揚
3  京城日本人世話会と南朝鮮引揚
4  引揚者救護から援護へ
5  喪われた南洋群島の記憶
6  満洲開拓団員の戦後史-繰り返された失政

〈注意事項〉
●本講座は教室でも、オンラインでも受講できる、ハイブリッド講座です(講師は教室で講義する予定です)。オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使用し、パソコンやタブレット、スマートフォンなどで配信を見ることができます。
★zoomの使用方法は、下記ページをご参照ください。
https://www.asahiculture.jp/page/online_howto_zoom
●本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
●配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
●講座前日夜までに、受講者の皆様に講座視聴URL、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

こちらが満席になっていても、オンラインでのご受講は可能です。オンライン受講の申込ページ→ https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/5f2109b6-a84c-f560-e430-60f3d25858d6

●本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室で講義予定)。
●開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URL、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
●ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/13, 10/27, 11/10, 11/24, 12/22, 1/12
曜日・時間
指定の 水曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
講義当日に適宜レジュメを配布します。メールアドレスがある方には、当日、データもお送りします。
その他
日程が変則的です。ご注意ください。

講師詳細

加藤 聖文(カトウ キヨフミ)
1966年愛知県生まれ。2001年早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士後期課程修了。現在、人間文化研究機構国文学研究資料館准教授。専攻は日本近現代史、東アジア国際関係史、アーカイブズ学。主な著書に、『「大日本帝国」崩壊』(中公新書)、『満蒙開拓団』(岩波現代全書)、『国民国家と戦争 挫折の日本近代史』(角川選書)、『満鉄全史』 (講談社学術文庫)、『海外引揚の研究 : 忘却された「大日本帝国」 』(岩波書店)ほか。