• トライアル可

Seminario de literatura ガルシア=マルケスを読む

  • ビクトル・ペレス講師
  • ビクトル ペレス(語学講師)

この講座では、スペイン語圏の文学界を代表する小説を取り上げ、原書で読み味わいます。今回はラテンアメリカ文学の巨匠ガブリエル・ガルシア=マルケス(1928~2014)の『予告された殺人の記録』(1981年)を講読します。
授業では、原文を音読し、スペイン語の音の響きを楽しみながら、丁寧に訳読します。文法解説を適宜おこない、文学的な表現の裏側にある言葉の意味を解説し、歴史的な背景などにも触れ作品の持つ世界観を感じ取ってみましょう。
時には、文学的なテーマでディスカッションも楽しみます。授業はスペイン語でおこないます。中級~上級レベル以上の方が対象。2021年4月講読開始。



★この講座をはじめてご受講される方へ★
お申し込みの前に、電話(045-453-1122)またはメールでお問合せください。
講座の進め方やテキストの進捗状況、学習レベルの状況などについてお知らせいたします。
メールでのお問い合わせはこちらから。
http://www.asahiculture.jp/yokohama/form_gaikokugo

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/4/5, 4/12, 4/19, 4/26, 5/10, 5/17, 5/24, 5/31, 6/7, 6/14, 6/21, 6/28
曜日・時間
月曜 15:15~16:45
回数
12回
受講料(税込)
会員 43,560円 
設備費(税込)
1,980円
持ち物など
<テキスト>“ Crónica de una muerte anunciada” Gabriel García Márquez
         ※新規の方は、ご注文の上教材コーナーでお求めください。