神奈川の地形 河川

  • 目代 邦康(東北学院大学准教授)
講師詳細

神奈川県には、多摩川や鶴見川、相模川など、いくつもの川が流れています。これらの川の地形を詳しく見ていくと、その流域の地形の成り立ちや地域の人々の暮らしを理解することができます。それぞれの川にはどのような特徴があるのか、また、他地域の川とどのような違いがあるのか、解説します。

お申し込み

注意事項

<夏休み割キャンペーン対象講座です>
 キャンペーン詳細はこちら https://www.asahiculture.jp/page/yokohama/2020summercp

日程
2020/8/17
曜日・時間
月曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

目代 邦康(モクダイ クニヤス)
1971年神奈川県生まれ。地形学者。東北学院大学教養学部准教授。博士(理学)。専攻は地形学、自然地理学、地域資源論。著者に『地層のきほん』(共著、誠文堂新光社)、『地層ってなんだろう』(汐文社)、『地形観察ウォーキングガイド』(誠文堂新光社)、『地形探検図鑑』(誠文堂新光社)。編著に『シリーズ大地の公園』(古今書院)。