原書と須賀敦子訳で楽しむ「ある家族の会話」
  • 教室・オンライン同時開催

  • ©山本玄
  • 白崎 容子(元慶應義塾大学教授)
講師詳細

 「この人の作品に出会わなかったら、自分は一生、ものを書かなかったかも知れない」と須賀敦子にいわせた作家ナタリア・ギンズブルグの代表作『ある家族の会話』。イタリア語原文と須賀敦子訳を併用して読みながら、原作と訳文の魅力を味わいます。(講師・記)
2021年4月講読開始。

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ミーティングを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師はオンライン)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はアーカイブ動画の配信はございません。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9gaikokugo@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9gaikokugo@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

★5/23より、教室とオンライン(Zoomミーティング)のハイブリッド形式で再開します。
 講師はオンラインで登壇され、先生の映像を教室のモニターに投影します。
 受講生の方は、教室またはオンラインでの受講が可能です。(5/1決定)

★3/28、4/11、4/25、5/9は休講です(5/1更新)

・本講座はZoomミーティングを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師はオンライン)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【yk9gaikokugo@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座はアーカイブ動画の配信はありません。

日程
2022/1/10, 3/14, 5/23, 6/13, 6/27, 7/11
曜日・時間
月曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 20,460円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
<テキスト>各自ご準備ください。
ナタリア・ギンズブルグ著、須賀敦子訳『ある家族の会話』(白水社Uブックス) 本体1,000円+税
ISBN:9784560071205

講師詳細

白崎 容子(シラサキ ヨウコ)
東京外国語大学修士課程修了。元慶應義塾大学教授。訳書にN.ギンズブルグ『小さな徳』(河出書房新社)、『ウンベルト・エーコの〈いいなづけ〉』(NHK出版)、『ピランデッロ短編集カオス・シチリア物語』(共訳 白水社 第1回須賀敦子翻訳賞受賞)、M.プラーツ『官能の庭』『ローマ百景』(ともに共訳 ありな書房)、G..ロダーリ『二度生きたランベルト』(平凡社)、『エリオ・チオル写真集 アッシジ』所収F.カルディーニ「アッシジーイメージと徴」『同 ヴェネツィア』所収C.デッラ・コルテ「水から空へ:二つのヴェネツィア」(ともに岩波書店)など。