ドイツ・リート 「野ばら」を歌おう 美しく自然な発音を学ぶ
  • 教室開催

  • 田中 奈美子(声楽家)
  • 竹内 悦子(ピアニスト)
講師詳細

「リートは詩と歌のデュエットである」といわれるように、リートはピアノ伴奏によってさらに深い情感をたたえながら、詩と音楽が一体化する独特の芸術分野です。
今回の講座では、シューベルトの作品の中でも人気のある「野ばら」を歌います。1日で、詩の意味はもちろん、正しい発声と自然で美しい発音を学び、歌曲への理解をより深めていきます。
一語一語発音を追っていきますので、ドイツ語が初心者の方でも問題なくご参加いただけます。

この講座は終了しました
日程
2021/7/24
曜日・時間
土曜 12:30~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,333円 一般 4,433円
設備費(税込)
165円
その他
お渡しした楽譜をお持ち下さい。
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

田中 奈美子(タナカ ナミコ)
東京芸術大学声楽科及びドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学院声楽科及びリート科を各々卒業。在独中、シュトゥットガルトを中心に、キール、パッサウ、フライブルク等各地にて、ソリストとしてバロックから近代まで幅広いレパートリーを持ち、数多くのオラトリオ、歌曲コンサートに出演。その他に、モーツァルト音楽祭、オラトリオのラジオ録音等、ドイツ各地の音楽事務所からの依頼でいずれのコンサートも絶賛された後帰国。帰国後は、オペラ「フィガロの結婚」「魔笛」「ヘンゼルとグレーテル」他、オラトリオはバッハ、モーツァルト、ヘンデル等主要作品のソリストとして、又、ドイツ、アメリカ、日本歌曲など、各分野、また各コンクールの審査員としても活動。カーネギーホールにてソリストとして、日本の文化交流の一環として出演。好評を博した。現在、二期会会員。NPO法人横浜シティオペラ会員及び理事。

竹内 悦子(タケウチ エツコ)
(ピアニスト)