切らずに作る帯結び 

  • 塩川 潮子(帯工房「遊創」主宰)
講師詳細

「簡単にお太鼓が結べる!」
手持ちの帯を折りたたみ、何か所か糸でとめて作る「帯結び」。
この帯だと2~3分で、着付けが楽になります。糸をほどくと元の形に戻ります。講座では、作り「帯結び」を作成した後、手早く装着するコツもお教えいたします。
 着物は着たいけれど帯結びが時間がかかり、また、帯が長すぎて処理方法がわからない、手が後ろへまわらないなどと、帯結びになやむ皆様にぜひおすすめしたい講座です。

※手話通訳で対応もできます。必用な方はお申込み時にお申し出ください。


申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2019/8/1
曜日・時間
木曜 13:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,780円 一般 4,428円
教材費(税込)
教材費 540円
持ち物など
【各自持参】
<制作に>袋帯または名古屋帯1本、糸切ばさみ、
指ぬき(金属製がお勧め)、洗濯ばさみ10個、メジャー手芸用
<試着用に>帯枕、帯揚げ、帯板、帯締め
その他
※針を通しやすくするために、帯は干してからお持ちください。

講師詳細

塩川 潮子(シオカワ シオコ)
和裁士。2007年エジプトにて日本文化交流「着て観帯(きてみたい)」展を開く。糊流染宗家矢崎アトリエ顧問。作帯工房「遊創」主宰。