深堀する西洋絵画史 絵画の見かた
  • 教室開催

  • シモーネ・マルティーニ《受胎告知》1333年ウッフィーツィ美術館
  • 新保 淳乃(武蔵大学講師)
講師詳細

西洋美術はひとつながりの歴史で語られがちですが、細かく見ていくと同じ時代でも多様な様式や作品があることに気づきます。地域の伝統が長く続くこともあれば、1人の芸術家の登場によって大きく流れが変わることもあります。こうした豊かな歴史に目を向けるため、入門編で扱えなかった芸術家や作品を取り上げて西洋絵画をより複眼的に学びます。秋季は古代の壺絵から中世、ルネサンスを経てボッスの特異な世界観まで読み解いていきます(講師・記)。

1 古代ギリシャの壺絵:ギリシャ神話の物語
2 古代ローマの写実:ポンペイの壁画
3 ロマネスクの想像力:教会の怪物たち
4 国際ゴシックの優美:シモーネ・マルティーニ《受胎告知》
5 ルネサンスの空間:マザッチオからレオナルド・ダ・ヴィンチまで
6 異形のルネサンス:ヒエロニムス・ボッス《快楽の園》

画像:シモーネ・マルティーニ《受胎告知》1333年ウッフィーツィ美術館

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/10/13, 10/27, 11/10, 11/24, 12/8, 12/22
曜日・時間
第2・4 水曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
その他
☆教室で配布資料があります。カラーで配布する場合は有料です。

講師詳細

新保 淳乃(シンボ キヨノ)
1973年群馬県生まれ。千葉大学大学院博士課程修了。文学博士。ローマ大学留学、日本学術振興会海外特別研究員を経て、現在は千葉大学特別研究員、武蔵大学・明治大学非常勤講師、建築誌『カザベラ・ジャパン』翻訳担当。専門は近世イタリア美術史。共著『天空のアルストピア』『憧憬のアルストピア』『聴覚のイコノグラフィア』『味覚のイコノグラフィア』『知識のイコノグラフィア』(ありな書房)、『ひとはなぜ乳房を求めるのか』(青弓社)、『磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿』(TOTO出版)。