「源氏物語」を読む

  • 藤原 克己(武蔵野大学特任教授)
講師詳細

 『源氏物語』というと、“みやびやかな王朝の恋愛絵巻”といったイメージばかりがもてはやされています。たしかに、現代の私たちの生活とはかけ離れた王朝貴族の物語ではあるけれども、にもかかわらずそこには、私たちが経験するさまざまな悩み、愛執のせつなさと苦しさ、愛と無常のかなしみが、純粋に結晶しています。現代語訳ではけっして味わうことのできない原文の美しさを、ていねいに味読してゆきたいと思います。毎回、これまでの物語の流れをふりかえりながら話を進めますので、随時受講可能です。 (講師記)

2019年7月期は「行幸巻」の途中からの予定です。



この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

■8月は第1・4週です。日程にご注意ください。

日程
2019/7/10, 7/24, 8/7, 8/28, 9/11, 9/25
曜日・時間
水曜 13:00~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,496円 
持ち物など
【テキスト】各自ご用意ください。
「源氏物語3」(小学館 4,279円)又は「源氏物語4」(新潮社 3,500円+税)を推薦しますが、お手もちのものでも結構です。ルミネ6階有隣堂でお求めの場合は必ず事前にお電話(045-453-0811)にてご確認ください。※書籍の価格は変動することがあります。
その他
★2019年7月期は「行幸巻」の途中からの予定です。
★日によって教室を変更することがありますので、各日掲示板等でご確認願います。

講師詳細

藤原 克己(フジワラ カツミ)
1953年生まれ。岡山大学、神戸大学、東京大学を経て、2018年から現職。東京大学名誉教授。主著に『源氏物語 におう・よそおう・いのる』(共著)、『菅原道真と平安朝漢文学』(東京大学出版会)、『菅原道真 詩人の運命』(ウェッジ選書)。