ジオパークからみる日本列島のジオ多様性 ―地形・地質・化石・… オンライン講座 
  • オンライン講座

  • 桜島
  • 目代 邦康(東北学院大学准教授)
  • 竹之内 耕(フォッサマグナミュージアム館長)
  • 栗原 憲一(北海学園大学客員研究員)
  • 飯田 肇(富山県立山カルデラ砂防博物館学芸課長)
  • 福島 大輔(NPO法人桜島ミュージアム理事長)
  • 大岩根 尚(株式会社musuhi/環境活動家)
全ての講師
講師詳細

ジオパークとは、世界各地ですすめられている活動で、地質遺産の保護やその活用をはかる活動が認められた地域です。
この講座では、各地のジオパークの活動を牽引する研究者が、それぞれの地域にある地形、地質、自然現象について解説します。
地形、地質、化石、氷河、火山などの地学現象の基礎的な知識、,日本列島全体の地学現象の多様性(ジオ多様性)をご紹介します。<監修:東北学院大学准教授・目代 邦康・記>

<カリキュラム>
9/7  ジオパークから日本列島の自然を学ぶ(イントロダクション)・変動する大地、地震と地すべり 東北学院大学准教授 目代 邦康
9/21 フォッサマグナ -日本列島の生い立ちを知るキーワード- フォッサマグナミュージアム館長 竹之内 耕
9/28 化石から探る地球の生い立ちとアンモナイトの進化の歴史 北海学園大学客員研究員 栗原 憲一
10/19 日本列島での氷河の発見と日本海側独特の豪雪 富山県立山カルデラ砂防博物館学芸課長 飯田 肇
11/2  桜島火山の活動とそのメカニズム NPO法人桜島ミュージアム理事長 福島 大輔
11/16 超巨大噴火と破局災害 株式会社musuhi ・環境活動家 大岩根 尚

*テーマは予定です。状況により、変更することがあります。

<注意事項>
●資料は事前にデータで送らせていただく予定です。
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にアクセスでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで視聴できます。受講者の皆様のお名前や映像、音声は配信されません。
●オンライン講座の申し込み方法はWEB決済のみです。申し込みは開講日の3日前まで承ります。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは初回の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9yokohama@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
●開講日の1~2日前に受講者の皆様に受講のご案内および講座視聴URLとパスワードをメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。携帯アドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)は届かないことが多いため、Gmailなどのフリーメールかパソコンのメールアドレス推奨です。
●ソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。
●本講座は受講者全員に後日、動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内、受講者は何度でもご視聴いただけます。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

お申し込み

注意事項

●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に受講のご案内および講座視聴URLとパスワードをメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。携帯アドレスは届かないことが多いため、Gmailなどのフリーメールかパソコンのメールアドレス推奨です。
●ソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。
●本講座は受講者全員に後日、動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内、受講者は何度でもご視聴いただけます。

日程
2021/9/7, 9/21, 9/28, 10/19, 11/2, 11/16
曜日・時間
指定の 火曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 一般 19,800円
その他
※講師の都合により日程変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。

講師詳細

目代 邦康(モクダイ クニヤス)
1971年神奈川県生まれ。地形学者。東北学院大学教養学部准教授。博士(理学)。専攻は地形学、自然地理学、地域資源論。東京大学空間情報研究センター客員研究員。著書に『地層ってなんだろう』(汐文社)、『地形観察ウォーキングガイド』(誠文堂新光社)、『地形探検図鑑』(誠文堂新光社)。編著に『シリーズ大地の公園』(古今書院)などがある。
竹之内 耕(タケノウチ コウ)
1962年新潟県生まれ。専門は地質学。フォッサマグナミュージアム館長(学芸員)。博士(理学)。日本地質学会ジオパーク支援委員会委員、新潟焼山火山防災協議会委員。著書に『フォッサマグナってなんだろう』、『ナウマン博士データブック』(以上、フォッサマグナミュージアム)、『フォッサマグナ 宇宙から見た地形』(朝倉書店)などがある。
栗原 憲一(クリハラ ケンイチ)
1979年東京都生まれ。北海学園大学客員研究員/株式会社ジオ・ラボ代表取締役/北海道地図株式会社執行役員。博士(理学)。専門は、層位・古生物学、博物館学(展示・教育)。『シリーズ大地の公園』(古今書院)などのジオパークに関する分担執筆や、『古生物食堂』(技術評論社)などのアンモナイトに関する監修を手掛けながら、事業として、地域資源の価値を見直し、守り、それを活用した地域づくりの支援を行なっている。
飯田 肇(イイダ ハジメ)
1955年茨城県生まれ。博物館学芸員。雪氷学専攻。立山の自然をテーマとした博物館活動を継続する。立山山岳地域の積雪・雪渓・氷河調査を長年実施し、日本初の現存氷河を発見する。また、ヒマラヤ氷河学術調査隊(名古屋大学)等でヒマラヤの氷河調査を実施。著書(共著)に『富山の自然再発見』(北日本新聞社)、『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』(山と渓谷社)などがある。
福島 大輔(フクシマ ダイスケ)
1973年鹿児島生まれ。専門は火山地質学(理学博士)。京都大学・桜島火山観測所の研究員を経て、2005年にNPO法人桜島ミュージアムを設立。現在、桜島ミュージアムの理事長と鹿児島大学の非常勤講師、福岡大学の客員准教授を兼務。編著に『みんなの桜島』(南方新社)、『九州・沖縄のジオパーク』(古今書院)などがある。
大岩根 尚(オオイワネ ヒサシ)
2010年に東京大学にて博士(環境学)の学位取得後、第53次日本南極地域観測隊に参加し気候変動の研究に従事。2013年からは鹿児島県三島村ジオパーク専門職員として、認定を主導した。2017年に辞職し三島村硫黄島に移住、起業。教育、人材育成や、SDGs、気候変動対策のコンサルテーションにもフィールドを広げ「人と地球をむすび直す」活動を展開している。