ちりめんで作る干支のとら
  • 教室開催

  • 矢島 佳津美(和工房鎌倉かぐら主宰)
講師詳細

新年を祝う縁起物、来年の干支の「寅」の飾り物をちりめんで手作りしてみませんか。
初心者でも縫いやすい正絹のちりめんを使い、講師の用意するレシピに添って縫い合わせ、綿を入れ、飾りをつけて完成させます。
絹ちりめんで一針ずつ、幸せな一年になりますようにと願いを込めて作りましょう。


本体の大きさ:高さ11cm、尾までの長さ11cmほど。
「縮緬古裂(ちりめんこぎれ)のつるし飾り」のクラスと合同で行います。

お申し込み
日程
2021/11/27
曜日・時間
土曜 10:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<各自準備>
裁縫用具、チャコペンシル、紙用のはさみ、鉛筆、定規、ピンセット、ボンド。

その他
教材費2,500円(1体分)は当日教室でお支払ください。2体分以上ご希望の方は1週間前までにお申し出ください。

講師詳細

矢島 佳津美(ヤジマ カヅミ)
和工房かぐら主宰、鎌倉かぐら」店主。 明治生まれの祖母よりちりめん細工の手ほどきを受け、30代からちりめん古布の収集と作品作りを始める。1995年雑誌に作品が紹介されたことで古布を使ったちりめん細工教室を始める。その後、伊豆稲取のつるし飾りに出会い、第1回雛のつるし祭りコンテストで独創的な作品が「クリエイティブ賞」受賞。第7回同コンテストでグランプリを受賞。現在つるし飾りとちりめん細工教室を朝日カルチャー新宿、横浜、よみうりカルチャー自由が丘教室など10ヶ所以上で開催。著書に「ちりめんで作るはじめてのつるし飾り」「ちりめん細工で作る干支と季節の飾りもの」(ブティック社)、「四季を愉しむちりめん細工とつるし飾り」(ナツメ社)、「花のちりめん細工とつるし飾り」(日本文芸社)などがある。