• トライアル可

ラテン語で読むオウィディウス

  • 堀尾 耕一(一橋大学講師)
講師詳細

よく知られた神話上の女たちがその想いを書簡に託すという、オウィディウスならではの才気に富んだ架空の世界。このうち、トロイア戦争を招くことになる、誰もが知るパリスとヘレネの相聞歌を取りあげます。テキストとして、E. J. Kenny, Ovid: Heroides XVI-XXI, Cambridge U. P. 1996を用います。

※ラテン語既習の方が対象です。

★この講座をはじめてご受講される方へ★
お申し込みの前に、電話(045-453-1122)またはメールでお問合せください。
講座の進め方やテキストの進捗状況、学習レベルの状況などについてお知らせいたします。
メールでのお問い合わせはこちらから。
http://www.asahiculture.jp/yokohama/form_gaikokugo

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/1/14, 1/28, 2/11, 2/25, 3/10, 3/24
曜日・時間
第2・4 火曜 16:15~17:45
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
持ち物など
<テキスト>E. J. Kenny, Ovid: Heroides XVI-XXI, Cambridge U. P. 1996
        講師が手配、または各自取り寄せとなります。教室で講師より案内いたします。

講師詳細

堀尾 耕一(ホリオ コウイチ)
1971年東京生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科 博士課程単位取得退学(西洋古典学)。一橋大学・青山学院大学ほか非常勤講師。古代レトリックとその受容の歴史を研究。訳書にアリストテレス『弁論術』(新版「アリストテレス全集」第18巻 岩波書店)がある。