戦後デモクラシーのゆくえ 9/14 2019年参院選をふまえて

  • 山口 二郎さん
  • 山口 二郎(法政大学教授)
講師詳細

2019年は政治の年。
春の統一地方選挙をへて、新天皇即位、そして7月の参議院選挙、10月には消費税率引き上げと政治日程には大きなイベントが詰まっており、大きな波乱の年となる可能性もあります。
参院選の争点や結果を中心に、野党の結集、安倍政治のゆくえや今後の政治課題など、現状を分析しながら、戦後民主主義について、3回にわたって話します。               
第3回9月14日のご案内です。

回 日程 テ  ー  マ

3 9/14 安倍政治の行方と今後の政治課題

※全3回の申し込みも承れます。

この講座は終了しました
日程
2019/9/14
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円

講師詳細

山口 二郎(ヤマグチ ジロウ)
1958年岡山県生まれ。1981年東京大学法学部卒業後、東京大学法学部助手、北海道大学法学部助教授を経て1987年よりアメリカ・コーネル大学へ留学。1993年北海道大学法学部教授。1997年よりイギリス・オックスフォード大学に留学。2000-2004年北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター長。2005年よりイギリス、ウォーリック大学に留学。北海道大学公共政策大学院教授、北海道大学大学院法学研究科教授、パリ国立政治学院客員教授を経て、2014年4月より法政大学法学部教授。専攻は政治学・行政学。著書に、『ポピュリズムへの反撃』(角川書店)、『いまを生きるための政治学』(岩波書店)他多数。