パリ-ロマネスクの美術館を巡る
  • 教室開催

  • クリュニー美術館新館
  • パリ・モニュメント博物館
  • 池田 健二(美術史家)
講師詳細

パリの5区にあるクリュニー美術館(国立中世美術館)は10年に渡る改修工事を終え、今年5月に再オープンしました。新館も建設され、旧館の展示も一新されています。講座では、改修後の美術館の展示構成を紹介しながら、ロマネスクの柱頭、象牙彫刻、金銀細工などの作品の美を楽しみます。また、シャイヨー宮にあるフランス・モニュメント博物館も近年整備が進んでいます。ここでは、博物館に展示されているフランス各地のロマネスク彫刻の傑作のレプリカを紹介しながら、現地の実際の作品との比較を行ってゆきます。それによって、フランス・ロマネスク彫刻の総復習を試みます。

<カリキュラム>
1.クリュニー美術館
2.フランス・モニュメント博物館

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2022/10/20, 11/3
曜日・時間
木曜 13:00~14:45
回数
2回
受講料(税込)
会員 5,940円 
教材費(税込)
教材費 176円
設備費(税込)
330円
持ち物など
教材費はカラーコピー代です。

講師詳細

池田 健二(イケダ ケンジ)
1953年広島県尾道市生まれ。上智大学文学部史学科卒。同大学大学院博士課程修了。 専攻はフランス中世史、中世美術史。91年より毎年『ロマネスクの旅』を企画し全ヨーロッパのロマネスク教会を詳細に調査する。上智大学や茨城キリスト教大学などで長年にわたり歴史や美術史を講義する。訳書に『ヨーロッパ中世社会史事典』(藤原書店)、共訳書に『中世の身体』『中世とは何か』『ヨーロッパの中世-芸術と社会』(藤原書店)、『ロマネスクの図像学』『ゴシックの図像学』(国書刊行会)、著書に『フランス・ロマネスクへの旅』『イタリア・ロマネスクへの旅』『スペイン・ロマネスクへの旅』(中公新書)。