迷えるわたし 医学と信仰

  • 香山 リカ(精神科医)
講師詳細

キリスト教系の大学に勤務し、日曜礼拝に行くなど、キリスト教に非常に親しみを感じているという香山リカさんが、精神科医の立場から、宗教と心の癒しについて考察します。
八百萬の神のおわす日本には、一神教のような宗教はなかなか根付きませんが、人は死の恐怖から逃れることはできず、日々の暮らしも幸せなことばかりではありません。
宗教は、あるいは医学は、迷えるわたしを救えるのでしょうか。
軽やかに生きるヒントを提言し続けているリカ先生の、心温まるトークをたっぷりとお楽しみください。


お申し込み
日程
2019/10/19
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
その他
※当日、香山リカ著『迷える社会と迷えるわたし』キリスト教新聞社 (1600円+税)を販売します。お買い上げの方には講座終了後、講師がサインをいたします。

講師詳細

香山 リカ(カヤマ リカ)
精神科医・立教大学現代心理学部教授。1960年北海道生まれ。東京医科大学卒業。豊富な臨床経験を活かして、現代人の心の問題を中心にさまざまなメディアで発言を続けている。専門は精神病理学。主な著書に『「いじめ」や「差別」をなくすためにできること』(ちくまプリマー新書) 、『人生が劇的に変わる スロー思考入門』(ビジネス社)、『さよなら、母娘ストレス』(新潮文庫)、『くらべない幸せ ~誰かに振り回されない生き方~』(大和書房)、『わかってもらいたい』という病」(廣済堂新書)、『大丈夫。人間だからいろいろあって』(新日本出版社)など多数。