自分らしい最期について考える
  • 教室・オンライン同時開催

  • 小谷 みどり((一社)シニア生活文化研究所代表理事)
講師詳細

 ここ数年、終活という言葉が広まり、自分のお葬式やお墓についてあらかじめ考えておこうという人たちが増えています。厚生労働省は、死を迎えるにあたって自分が望む医療やケアについて前もって考え、家族や医療者たちと共有する取り組みを推奨しています。
 しかし90年代までは、こんなことは家族が考える問題で、「本人が生前に考えるなんてとんでもない」という風潮がありました。
 新型コロナウイルスで、周りの人と何のお別れもできず亡くなっていく人たちの姿から、私たちは、明日があるとは限らないという事実を再認識しました。今を精いっぱい生きるためには、将来の不安を軽減、解消することが大切です。
 どんな最期を迎えたいかは人それぞれであっていいと思います。正解がないからこそ、正しい情報を知ったうえで、元気なうちに考えておきましょう。
(講師・記)

シリーズ講座「人生100年時代を生きる」では、様々な分野でご活躍されている講師の方々が、老後の生き方、介護や住まい、病気の予防などをテーマに、前向きに生きていくためのヒントをお話しします。
 皆さんがいま抱いている老後の不安を少しでも解消し、これから迎える生活がより充実した時間となるような講座を提案していきます。


〈ご案内事項〉
・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【yk9bikou@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は 【yk9bikou@asahiculture.com】 までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は 【yk9bikou@asahiculture.com】 までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【yk9bikou@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
●ソフトウェアを最新版にアップデートの上ご参加ください。

日程
2022/8/27
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

小谷 みどり(コタニ ミドリ)
1969年大阪生まれ。奈良女子大学大学院修了。第一生命経済研究所主席研究員を経て2019年よりシニア生活文化研究所代表理事。専門は死生学、生活設計論、葬送関連。大学で講師・客員教授を務めるほか、「終活」に関する講演多数。11年に夫を突然死で亡くしており、立教セカンドステージ大学では配偶者に先立たれた受講生と「没イチ会」を結成。著書に『ひとり終活』(小学館新書)、『<ひとり死>時代のお葬式とお墓』(岩波新書)、『没イチ パートナーを亡くしてからの生き方』(新潮社)など。