新編 三つの石で地球がわかる
  • 教室・オンライン同時開催

  • 藤岡換太郎講師
  • 藤岡 換太郎(静岡大学防災総合センター客員教授)
講師詳細

 地球は46億年前に隕石の集積で生まれた。地球は隕石の衝突熱でドロドロに溶けマグマの海が形成され、重い金属が内部に沈殿し、重力の作用で金属(核)、岩石(マントルと地殻)、海洋、大気などが同心円状に重なった惑星となった。現在の固体地球は地震波によって、核(金属)、マントル(岩石)、地殻(岩石、海洋地殻(海)と大陸地殻(陸))の3つの層が知られている。マントルは全岩石の82.3%を占める緑色の石、海洋地殻は1.62%の黒い石、大陸は0.68%の白い石でできている。緑、黒、白の三つの石は地球の歴史でこの順にできてきたという物語を話す。さらに緑の石と黒い石にまつわる壮大な物語、「スーパープルーム」と「蛇紋岩三位一体」の物語を話す。 (講師・記)

<各回のテーマ>
4月 第1回 地球誕生の物語
まず地球がどのようにしてできてきたのかを概観する。46億年から40億年の間の6億年間、「冥王代」という時代に地球の成層構造、地球システムが形成されたシナリオを見ていく。

5月 第2回 緑の石の物語
マントルを作る緑の石、橄欖岩の実態を眺めていく。橄欖岩の分布は地表にいる我々の目では極めて少ないように見えるが地球全体で見ると最も多い岩石なのであり、すべての石の始まりで、石のイヴともいえる。

6月 第3回 黒い石の物語
 海洋地殻を作っている黒い石、玄武岩は上部マントルの緑色の石の部分融解によってできたことを見ていく。玄武岩は海洋地殻だけでなく海山や島弧の火山をも作っている。玄武岩ができるプロセスは火山の噴火やその産物、室内実験などからその化学組成や形成の物理・化学的な条件などは良く理解されている。

7月 第4回 白い石の物語
大陸地殻を作っている白い石、花崗岩は島弧や大陸を作っている。花崗岩はいろいろな方法ででき様々なタイプがある。日本列島では特に中国地方や北上山地に多い。花崗岩中の磁鉄鉱は砂鉄の起源になっている。花崗岩には橄欖岩や玄武岩には含まれない多くの元素が含まれているために有用な金属鉱床にもなっている。

8月 第5回 スーパープルームという地球上で最大の噴火
マントルの中にプルームと呼ばれる巨大な温度の高い雲のような形をしたものがあって、軽いので地表へ上がってくる。これは地表近くで膨大な量の玄武岩マグマとなって噴火する。世界最大の玄武岩台地であるオントンジャワ海台やデカン高原がそうである。このような膨大な玄武岩の噴出は地球の環境に大きな影響を与えている。

9月 第6回 蛇紋岩という橄欖岩の変質物の物語
橄欖岩は変質すると黒緑色のつやつやした蛇紋岩に代わる。蛇紋岩は水を多く含む岩石で様々な役割を担っている。第一は蛇紋石の泥が積み重なって大きな山を作る。2番目は蛇紋岩ができる反応で磁鉄鉱ができる。時期異常を担っている。3番目は反応で水素が放出されるので生命の起源に肉薄できるという話である。名付けて蛇紋岩三位一体。


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。著作権保護のため、講座内で引用した映像等は、アーカイブ配信ではカットする場合がございます。予めご了承ください。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9yokohama@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【yk9yokohama@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/4/2, 5/7, 6/4, 7/2, 8/6, 9/3
曜日・時間
第1週 土曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
990円

講師詳細

藤岡 換太郎(フジオカ カンタロウ)
1946年京都市生まれ。 東京大学理学系大学院修士課程修了。理学博士(東京大学)。専門は地球科学。東京大学海洋研究所助手、海洋科学技術センター深海研究部研究主幹、グローバル・オーシャン・ディベロップメント観測研究部部長、海洋研究開発機構(JAMSTEC)特任上席研究員などを歴任。機構退職後、神奈川大学・放送大学の非常勤講師を経て静岡大学防災総合センター客員教授。潜水調査船「しんかい6500」に51回乗船。三大洋人類初潜航を達成。海底地形名委員会での功績から2012年海上保安庁長官表彰を受ける。著書に『深海底の科学』(NHKブックス)『海はどうしてできたのか』『山はどうしてできるのか』『川はどうしてできるのか』『フォッサマグナ』『三つの石で地球がわかる』『見えない絶景 深海底巨大地形』(いずれも講談社ブルーバックス)『海がわかる57の話』(誠文堂新光社)『相模湾 深海の八景―知られざる世界を探る』『日本海の拡大と伊豆弧の衝突(共著)』(いずれも有隣堂)『深海底の地球科学』(朝倉書店)など多数。近著は『天変地異の地球学 巨大地震、異常気象から大量絶滅まで』 (講談社ブルーバックス)。